霧原一輝/日記

日記

■2019年12月25日(水)  『上司の熟れ妻たち』発売
『上司の熟れ妻たち』(紅文庫)が今日、発売されました。
 新レーベル「紅文庫」です。ちなみに、「べにぶんこ」と読むそうです。
 
 会社員の主人公がある事情で、訳あり課長の妻を抱くことになる。
 その後、彼には次々と命令がくだる。上司の妻を寝取れと――。

 という内容です。
 艶情文庫につづいてスタートした官能文庫レーベル。つづいてほしい、と切に願っています。


■2019年12月20日(金)  『人妻女教師 誘惑温泉』発売
『人妻女教師 誘惑温泉』(二見文庫)が発売されました。
定年間際の男性教師、第二の人生の門出に、教え子たちと旅に出る。
しかし集まったのは、現役女教師の三人だった。東北での夢のような接待。
その裏では、ある計画が進んでいたのだった。

 冬に相応しい物語だと思います。よろしくお願いします。


■2019年12月08日(日)  『こんな官能小説が読みたかった』発売
 年末恒例の「特選小説」増刊号の『こんな官能小説が読みたかった 2020年度版』が発売されました。
 読者アンケ―トで選ばれた作品ですが、霧原も「引っ越してきた人妻」が選ばれて、掲載されています。「向かいの人妻」シリーズの一環として書いたものなので、選ばれてうれしいです。ありがとうございました。
 そう言えば、今月も特選小説の短編〆切があるな。頑張って書こうっと。
 
 減量の方は、−6キログラム周辺で落ちなくなって、うろうろと安定している。このへんが今の理想体重なのかもしれない。
 ダイエットに励みながらも、人妻パティシエの作る美味しいケーキを毎週食べている(4つのケーキを二食抜いて食べている)自分を、褒めてあげたい。

■2019年12月06日(金)  重版かかりました
 休めるときに休んでおこうと、ぐたぐたしていたら、うれしいメールが。
 今年の2月に刊行した『未亡人嫁のしずく』(竹書房)の重版のお知らせが届きました。嫁のしずく=母乳ってやつですね。
 まさかと思っていたので、大変うれしいです。
 この状況でも、狙いを絞って、斬新なものを出せば、需要があるんだなと、励みになります。ありがとうございました。

 霧原の12月のラインアップです。
 長編書き下ろし
○『人妻女教師 誘惑温泉』(二見文庫)12月20日発売
○『上司の熟れ妻たち』(紅文庫) 12月25日発売

 中旬から「週刊実話」の連載『人妻クルーズ』がはじまります。そちらのほうも、よろしくお願いします。

 霧原も休憩を終えて、そろそろ始動します。と言うか、書かないと間に合わない。結局、〆切がないとエンジンがかからない。


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.