霧原一輝/日記

日記

■2017年03月26日(日)  『生保レディ 契約ください』発売
 27日に『生保レディ契約ください』(二見文庫)が発売されます。
 
 生保レディ 契約ください (二見文庫)
  霧原 一輝
  http://amzn.asia/7ujK8v2

 退職する課長の持つ大きな保険を狙っての、生保レディたちの競争、活躍ぶりを描いています。前作『高慢女性課長』の匂いを残しつつ、愛おしいが、できる女たちと、ダメ課長の駆け引き――。
 ぜひぜひ、手に取っていただければ。


■2017年03月20日(月)  侍JAPAN
 春分の日ですね。さっき、書き下ろしのラストを書き終えて、りゅうの散歩に出たら、春うららでほっこり。
 りゅうも6月で15歳。最近は衰えが顕著で、ざっとあげるだけでも、
 ‥顛柱を支える斜めに走る黄色いポールに、歩いていて気づかず、ぶつかる。
◆‘暫爾寮屬せ鯵僖魁璽鵑傍い鼎ずに、ぶつかる。
 側溝の網の隙間に足を落とす。
ぁ_箸了庵覆寮价覆魘遒云紊蹐Δ箸靴董足を踏み外し、顎をしたたかに石段にぶつける。

 たぶん、目が悪くなっているのだと思うが、体力も落ちていて、散歩も最初は意気込んで、ぐいぐい引っ張っていくものの、帰りは家に近づくにつれて、足取りが重くなり、よたよたしている。
 多くのペットは、最初は飼い主より若いが、成長が早いから、一気に飼い主の年齢を追い越し、そして、天に召される。生き物を飼うと言うことは、その死をも見守ることだ。いったい、幾つの死を目の当たりにしたことだろう。
 私はたぶん、人より多いと思う。
 まあでも、仕方ない。そんなこと覚悟で飼ってるんだから。
 りゅうはあと何年生きてくれるのだろう。

 WBC、ついつい見てしまう。オランダ戦は死闘だったけれど、名勝負だった。ちょうど録画してたから、もう何度も見返してしまった。勇気づけられます。
 そういう意味では、リオ五輪の女子バトダブルスの決勝の大逆転劇。あれも録画をもう何度も見たな。もっともそれは、松友美佐紀のファンだってこともある。
 とても華奢なのに、あの精神力って並みじゃない。普段は控えめで、しかし、やるべきときにはやって、相棒を励ましてくれる。高橋選手が羨ましい(笑)。
 
 それはともかく、侍JAPANにはあと二戦勝ち抜いて、優勝してほしい。
 個人的には、WBCや高校野球に隠れるように全勝している稀勢の里と高安が全勝のまま、同部屋対決してくれないかって期待してるんだけどね。


■2017年03月06日(月)  サイン本フェア
 しばらくおさまっていた腰痛もぶり返し、正直言って、へろへろの霧原です。

 告知です。官能文庫のフェアが開かれます。

【芳林堂書店高田馬場店・官能文庫サイン本フェア】
フェア名: 竹書房官能文庫サイン本フェア
       ☆担当編集者が選ぶ10冊
開始日: 2017年3月12日(日)

 私も拙著『ふたりの嫁 新装版』(竹書房)5冊にサインして送りました。竹書房で書いている主だった作家のサイン本が並んでいると思うので、ファンである作家の直筆サイン本を欲しい方は、12日以降に芳林堂高田馬場店に足をお運びください。他社の官能文庫もよろしかったら、ぜひ。

 http://www.horindo.co.jp/2017/03/4821/

このご時世、一般書店で官能フェアを開催なんて、芳林堂素晴らしい。
 これからは個人的なことになります。
 じつは、芳林堂高田馬場店(高田馬場駅を降りて、ロータリーのすぐ向かいのビルにある)は私にとっては、とても懐かしい、思い入れのある書店なんですね。
 大学時代、本は早稲田通りの古本屋街と、駅前のこの芳林堂で買っていた。もう何十年も前のことだが、いまだに芳林堂の内装やら、どこに何系が置いてあるか覚えている。団鬼六氏の角川文庫版『花と蛇』を、ついに角川のような大出版社で出たかと驚きつつ、すでに持っていたにもかかわらず記念として購入した覚えがある。
 大学の後もしばらく早稲田に住んでいたから、いろいろと「悪いことをやった」記憶しかないけど(笑)。その青春してた記憶がなぜか芳林堂と結びついている。
 絶対に記憶から消えないだろう思い出の書店に、自分の書いたサイン本を置いてもらえるなんて、作家のはしくれとしてこれ以上の喜びはありません。
 芳林堂さん、心から感謝です。


■2017年03月01日(水)  abemaTV『祭り囃子』朗読
 拙著『祭り囃子』(双葉文庫)がabemaTV VICE「淫PROVISATION」で、女優によって朗読されます。

  「祭り囃子」
   朗読箇所:P92の2章からP131の最後まで
   放送日:3/3 21時半からの一時間
 
   出演者:
   北条麻妃 芳垣安洋

 雛祭りです。そうです。関係者のみなさま、文芸家クラブのパーティの日ですね。見なくていいですから((笑))、懇親会にお集まりください。私も一応理事ですから、出席いたします。

 北条麻妃さんって、確か熟女系の名AV女優ですよね。拙著がどのように、朗読されるかとても楽しみです。
 じつは、2/21にも本番組で拙著『若女将の事件簿』が一章丸ごと朗読されて、その関係者限定映像を後で観たのですが、
 若林美保(朗読)×大儀見元(ドラム)のセッションが素晴らしく、一時間見とれ、聞きほれていましたね。
 漢字の読み方がところどころ間違っていて、ツッコミ入れて見てましたけどね。それを差し引いても、女優さん、艶めかしかった。

 ちなみに、abemaTVは無料だし、「麻雀」見るために、だいぶ前から入れている。あそこの親分、自ら打ってますからね。大したものだ。

 仕事は、青色申告のデータを整理しおえて、送ったところ。これで、ようやく次の書き下ろしにかかれる。短編の〆切もあるし、かなり逼迫している。
 まあ、やることはひとつ。きっちり、仕上げるしかないんだから、そういう意味ではうちらの仕事はシンプルでいい。
 
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.