霧原一輝/日記

日記

■2013年10月31日(木)  痛快 日本シリーズ
 今年の日本シリーズは面白い。野球の醍醐味が感じられる。
 やっぱり、野球は面白い。
 配球とか考えていると、野球はバカじゃできないと思う。楽天の嶋捕手は小学生時代に通知表がオール5だったとか。もっとも、銀次選手みたいに「僕が打って優勝します」と宣言する肝っ玉野郎がいてこそ、痛快。
 賢いか、能天気かどちらでないと大成できないんだろうな。どの世界でもそうだけど。

 明後日の東北での一戦、マー君が無敗のまま決められるのか。その一部始終を見届けたい。

 日本シリーズを見てしまうせいではないだろうが、仕事は思ったほど進まない。コンスタントに一日、文庫15pは書けるんだけど、それを超えられない。
 自分で限界を決めてしまっているのかもしれない。


■2013年10月25日(金)  麻雀
 台風がせまるなか、上京して飯田橋で午後二時から麻雀。
 睦月氏、元週刊大衆の編集者、イラストレータさんといういつもの麻雀好きなメンバーと半荘6回打って、プラス50。
 麻雀は負けても勝っても楽しい。時間の経過を忘れる。
 終わって、F社の編集さんを交えて呑み、睦月さんといつものようにタクシーに同乗して湘南に帰る。

 帰宅し、疲労困憊のところを、差し迫っているゲラチェックをやり、チェックしながらいつの間にか、うとうと。
 
 明後日の天皇賞、伊集院静氏がプレゼンターとして府中競馬場に招待されているようで、友人である武豊がトウケイヘイローで勝てば、絵になる――。
 だけど、そう上手くいくのだろうか。


■2013年10月22日(火)  『特選小説』発売
 21日に発売された「特選小説」12月号に『隣家の園』の第4話 青い花―優佳 が掲載されています。前々号の第3話とセットで読むと、いっそう醍醐味がわかる仕組みになっています。

 話は全然変わるけれど、終わった「あまちゃん」を偲んで、「久慈 まめぶ汁」をネットで取り寄せて、食べましたよ。
 まめぶって、小麦粉の団子のことで、なかに黒砂糖とクルミが入ってた。思っていたより小さくてかわいい団子で、しめじや人参、豆腐などとそれなりにマッチしていて美味しかった。やさしい味っていうのか。
 次は、レトルトでないのを食べたい。


■2013年10月18日(金)  『鬼の棲む蔵』発売
『鬼の棲む蔵』(イーストプレス悦文庫)が今日発売されました。
 イーストプレス悦文庫が創刊され、そのトップバッターを牧村遼氏とともに務めることに。
「読み応えのある官能文庫」を目指す悦文庫のようですが、じつはすでに書泉ブックマートさんで「創刊フェア」として先行発売されていて、売れ行きは好調だとか。まあ、ミニ色紙とサイン本置いてあるので、そのせいもあるかなとは思いますが。でも、追加で神保町のすずらん堂でも要請があったらしく、新しくサイン本書きましたから、それなりに手ごたえがあるのかもしれない。
 作品としては2年がかりで書いた「渾身の作」ですので、読んでいただきたい。
 酒蔵が舞台なのだけれど、連載中に実際に酒造りにかかわっている蔵元の方に「よく調べてある。次が早く読みたい」との言葉をいただいたときには「作家冥利に尽きる」というやつで、嬉しかった。苦労した甲斐がありました。
 トップバッターとして、いささかの責任も感じているので、切に売れてほしい。よろしくお願いします。
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781610692/nejireweb-22/ref=nosim/

■2013年10月16日(水)  打ち合わせ
 台風一過のあと、上京して新宿でF社と打ち合わせと顔合わせ。編集さんと計4人で、プロットを肴に喧々諤々しつつ、楽しく飲む。
 帰りはタクシーで、横浜在住の編集さんを途中で落として帰宅。ひさしぶりに飲み過ぎて、タクシーで前後不覚。名前に惹かれて頼んだ清酒「くどきじょうず」を飲みすぎたな。まあ、でもうちへのナビはきっちりできたから。

 上京する前に、いつものようにりゅうと海辺を散歩。台風の影響で、すごい高波で、さすがのサーファーも尻込みしたのか、姿が見えなかった。
「入」の形をした荒波が怒涛のごとく打ち寄せてきて、白い波頭が立ち、波しぶきというか、白い水蒸気がまさに馬のたてがみのように後ろになびいて、その横を見れば、くっきりとした八の字型の富士山――
 これを見に、湘南に来たんだなって。

 仕事は「特選小説」の短編「昭和官能」を書き終えて、F社の書き下ろしにかかる。来年の1月に出るもの。年末進行ですから。
 


■2013年10月10日(木)  [『艶技の時間』発売
 今日、『艶技の時間』(双葉文庫)が発売されました。
 日刊ゲンダイに好評連載されたものに、加筆したものです。今、巷で取沙汰されている「代理屋」さんにスポットをあてたものです。
 結婚式の人数合わせとか、恋人となって実家を訪れるとか、想像以上に代理業は盛んなのですね。
 簡単にいうと「代理セックス」。
 新聞連載なので、どうしても物語のダイナミズムには欠けますが、そこは綿密な「濡れ場」で補っているつもりです。
 趣向を凝らした代理セックスをお楽しみいただけたら。
http://www.amazon.co.jp/%E8%89%B6%E6%8A%80%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/4575516252/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1381409674&sr=1-1

■2013年10月07日(月)  残念
 凱旋門賞、オルフェーブルが2着で、キズナが4着。
 ううむ、残念としか言いようがない。どちらかが優勝するだろうと予想していただけに、レースが終わってもしばし呆然――。
 トレヴは強かった。抜けていましたね。いくら5キロの斤量差があるにしても、あの末脚はすごい。道中、キズナの前をずっとふらふら走ってて、邪魔な馬だなと思っていたのだけれど、あの強靭な末脚は何でしょうね。
 まだ、3歳の牝馬だからな。歴史に残る名牝ということでしょう。
 日本のジャパンカップで走ってほしい。高速馬場ではどうなのか、知りたい。

 仕事は、今年中に出る書き下ろしなどはもうすべて終えた。
 しかし、来年の一月刊は年末進行になるから、今から書かないと間に合わない。
 終えても終えても、次が来る。
 今年は長編があと4本出ます。ご期待ください。


■2013年10月02日(水)  上京
 昨日はひさしぶりに新宿へ出て、特選小説の編集部へ。近くのいつもの蕎麦屋で、熊本から上京なさっていた作家の八神淳一氏と、H編集長を交えて3人で飲む。八神氏と会うのは初めてで、詳しく書けないのが残念だけれど、似た経歴を持つ方なので一度会いたかった。
 いい意味でプロフェッショナルな方でしたね。同じくらいの年齢だと勝手に推測していたので、10歳近く若いと聞いて、びっくり。ちなみに来年の4月には熊本から東京へ移ってくるそうです。
 その後、地下の飲み屋で、友人の作家と合流して、官能論に花を咲かせ、一時にタクシーを呼び、4人で乗って、ひとりずつ落としていき、最後はひとりで辻堂まで。
 この運ちゃんがやけにスピード出すので、後ろの席で足突っ張ってましたね(笑)。
 日曜日にはいよいよ凱旋門賞。テレビで放映されるようで、今からわくわくしてます。

過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.