霧原一輝/日記

日記

■2013年06月28日(金)  魔性の女子高生
 今日は編集さんがふたり、拙宅を訪ねてくれて、まずは湘南の海でもお見せしようと、河が流れ込んでいる河口+海辺という霧原のお気に入りのスポットへ。
 すでに夕暮れ時でしたが、まだサーファーが波乗りに興じ、バーベキューをしている若者も。
 そこで、我々熟年トリオはしばらく、江の島や烏帽子岩を望む海を眺めていたわけです。
 
 
 浜辺で、裸足で波と戯れる女子高生が一名。白いブラウスに制服のミニスカートという姿で、足は今流行の細くすらっとしたものではなく、むっちり系で昔でいう大根足というやつ。決して美人というわけではないのですが、戯れる姿にどこか自意識過剰なところがあり、霧原は何かやらかしてくれるんじゃないかってひそかに期待していたわけですよ。一番は転んでずぶ濡れ状態だったんですが。
 その子がなんとなく我々の前に近づいてきた。
 そのとき、一段と強い波が来て、確かに水しぶきがあがって女の子が少し濡れたような。次の瞬間、目を疑いましたよ。
 彼女が両手でスカートの前をつまんで、ひょいと持ち上げたのです。
 おおおおおお……大根足の上に白いパンティが。しかも、彼女はゆっくりと三つ数えられるほどの時間、我々にパンツを見せつづけたのです。
 白なんだけど薄地で肌が透けでる感じで、中央にはシンプルな刺繍が。
 完全に目に焼き付きました。
 
 彼女はじつに、たっぷり3秒間、こちらにむかって両手でスカートを持ち上げて、じっとしていたのです。
 どう考えても見せてくれているのだから、目を背けるなどという背信行為はできず、熟年トリオはもちろん目の保養をさせていただきました。

 その後、5メートル離れた堤防に彼女は歩いていったのですが、なんと堤防にイケメンの彼氏が座っていて、彼女は男子高校生のボーイフレンドと親しげに話をはじめたのです。

 彼女は彼氏の見ている前で、我々熟年トリオにパンツを見せつけ、同時にそれを彼氏に見せたのです。
 これを、魔性の女子高生と言わずして、なんと言えようか。

 その後の我々の会話。
「明らかにわざと見せてたね」
「我々熟年にはあの大根足がたまらない。これで、ズリネタができた」
「こういうのを、眼福というんだな」

 湘南三バカトリオ。


■2013年06月25日(火)  りゅうの誕生日
 りゅうが11歳になった。誕生日だからといって、特別に何かすることはないんだけど。本人もいつが誕生日だなんて意識はないし、知らないだろう。
 でも、人間ならもう熟年というお年頃のせいか、先日川のほとりを散歩中に急に左前脚が痛くなったらしく、左前脚を地面につけなくなった。
 獣医につれて行ったら、肩の関節を傷めているということで、注射して薬を処方された。その日は痛そうで、3本足で歩いていたが、翌日になったらすっかり治っていた。いや、完全に治癒したかどうかはわからないが、痛がらなくなったので、短いコースの散歩ができて、ひとまずよかった。
 これまでは、おやつをあげるときは、空中に放り投げて、空中でキャッチさせていたが、もうやめようと思う。脚に負担がかかる。

 梅雨の時は雨のなかの散歩が大変だ。

 
 


■2013年06月22日(土)  「特選小説」8月号発売
「特選小説」8月号が発売されました。8月特別号で精鋭たちが書いています。
 霧原はシリーズ読み切り『隣家の園』の第2回「菊地家の妻ー連鎖ー」を書いています。
 今回は女性視点です。
 似た建売住宅のお隣同士で起こる、相姦の悲劇(喜劇?)。
http://www.amazon.co.jp/%E7%89%B9%E9%81%B8%E5%B0%8F%E8%AA%AC-2013%E5%B9%B4-08%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00D6LK65Y/ref=pd_sim_b_3
 金曜日は文芸家クラブのパーティに出席してきました。
 終わって、3次会で朝まで飲み明かし、朝いちばんの東海道線で湘南に帰る。はたから見たら、こいつらバカなんじゃないのってことをけっこう真剣に話してたな。おかげであっという間に時間が過ぎた。
 

 


■2013年06月19日(水)  『女体質屋』発売
 書き下ろし長編『女体質屋』(廣済堂)が今日発売されました。
 女性を質草にお金を貸すという、奇妙な質屋のお話。当然、女体鑑定もしなければいけないわけで……。そして、期日が来れば、質草、即ち女も流れるわけで。
 面白いと思いますよ。ぜひ手に取ってください。

 http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E4%BD%93%E8%B3%AA%E5%B1%8B-%E5%BB%A3%E6%B8%88%E5%A0%82%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/4331615383/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1371633785&sr=1-1

しかし、暑い。蒸す。
 今、うちはエアコン、がんがんつけてます。


■2013年06月16日(日)  束の間の休息
 束の間の休息を取り、また、書き下ろしにかかっている。

 しかし、土日となると、湘南の海岸は人が来るね。
 バーベキューとかしてるんだけど、風が強いから大変だろうな。それを、上空から鳶が狙っていて、ちょっと油断するとせっかくの食料を掻っ攫われる。
 急降下するときの鳶って、獰猛だけど美しい。
 鳶のように空を滑空できたら、爽快だろうな。


■2013年06月13日(木)  『美味背徳』発売
 アンソロ月刊第5弾『美味背徳』(双葉文庫)が発売されました。霧原は「鮟鱇の季節」50枚を書いています。
 食と性には密接な関係がある。面白いテーマだと思います。
 ちなみに、ビワ鮟鱇の雄って雌の……いや、これ以上書くとネタばれになるので、やめておきます。ぜひ読んでくださいね。
 http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E8%83%8C%E5%BE%B3-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9D%A6%E6%9C%88-%E5%BD%B1%E9%83%8E%E3%81%BB%E3%81%8B/dp/4575515906/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1371119922&sr=1-1&keywords=%E7%BE%8E%E5%91%B3%E8%83%8C%E5%BE%B3

 江戸村ツアー楽しかった。
 睦月さん、ありがとう。幹事のみなさま、お疲れ様でした。
 ちなみに、江戸村では霧原は沖田総司に扮したのだけれど、鏡を見て「違うな」って。歳とり過ぎ(笑)。無謀すぎ!

 少し休んで、また書き下ろしにかかる。


■2013年06月11日(火)  『秘本 緋の章』発売
 アンソロ月間の第4弾『秘本 緋の章」(祥伝社文庫)が今日発売されます。
 霧原は「トライアングル」40枚を掲載してもらってます。祥伝社のアンソロ掲載はひさしぶりで、うれしい!
 三角関係の話で、傲慢な男としたたかな女の物語です。展開が面白いと思うので、ぜひ手に取ってください。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%98%E6%9C%AC-%E7%B7%8B%E3%81%AE%E7%AB%A0-%E8%8D%89%E5%87%AA%E5%84%AA/dp/439633849X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1370888588&sr=1-1&keywords=%E7%A7%98%E6%9C%AC%E3%80%80%E7%B7%8B%E3%81%AE%E7%AB%A0
 

今日は、睦月さんにお誘いを受けたので、これから睦月会鬼怒川江戸村ツアーに参加します。楽しみ! でも、ほとんど寝ていない。大丈夫か?

■2013年06月09日(日)  止まらない
 NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」をgyaoで見始めたら、止まらなくなって1話から48話まで一気に見てしまった。
 ちょうど合計で12時間。
 やばい。しなきゃいけないことがいっぱいあるのに。

 宮藤官九郎のファンであるし、アイドルを使った地方の町興というテーマに興味があって見始めたんだけど、非常にわかりやすく、なおかつ、おおおってシーンもあり、エンターティメントってこうなんだなって勉強になりますね。
 元アイドルで母親役の小泉今日子がいいし、なんたって主演の能年玲奈の笑顔が……。なんなんでしょうね、あれは。飛んでますね。小説では絶対に書けない。

 12時間見っぱなしのおかげで、そうとうやばい状態に追い込まれている。
 


■2013年06月05日(水)  俺って、スケベ?
 発売中の「特選小説 人妻ベストコレクション」に霧原の「隣の人妻たち」という短編も掲載されています。だいぶ前に書いたものですが、勢いがあっていいです。ぜひ読んでくださいませ。

 巻末に「早瀬真人が選ぶ2013年上半期今読みたい人妻官能小説」というコーナーがあって、霧原の『熟年痴漢クラブ』も取り上げてもらっています。褒めていただいて、ほんと嬉しいのですが、最後のほうに、

「霧原氏はダンディーでカッコいい男だが、根は筆者に負けないくらいのスケベだと思う」という一文があって(笑)。

 はい、霧原はスケベですよ。そうでなければ、こんなに長く官能小説書けません。ただ、スケベを前面に押し出すと、女の子が寄ってこないので、それは大変まずいことであり、したがって、装っているわけです(笑)。
 根はドスケベですよ。早瀬さんと同じです。
 
 ぎりぎりセーフで書き下ろしを脱稿し、推敲中。少しだけ肩の荷がおりた。


■2013年06月03日(月)  地引網
 今日、海岸を散歩してたら、家族で来ていた子供たちが海パン姿で泳いでいた。
 もう、そんな季節なんだな。

 ちなみに、歩いて10分の海岸で、頼めば地引網を出してくれるらしい。それなりに獲れるようだし、さほどお金はかからないようなので、有志を募って網を引いてみたいのだけれど、朝8時からだから無理だな。徹夜してそのままという手はあるけど、死ぬな、きっと。

 もう6月。今月は書き下ろし長編とアンソロ2本、特選のシリーズ読み切りと盛りだくさん出ます。もちろん、日刊ゲンダイとWEBも連載中です。そのたびに告知しますので、よろしくお願いします。

 執筆中の書き下ろし、数日中には上がりますので、お待ちください。

 

 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.