霧原一輝/日記

日記

■2012年08月31日(金)  三日目
 ただいま、朝の8時半。
 章が変わり、状況説明に手間取って、遅々として進まず。
 今日は25Pで、トータル85P。

 腎臓がじんじんしている。これから寝る。
 最悪なのは、寝ている間に昼になり、部屋がどんどん暑くなること。


■2012年08月30日(木)  二日目 パート
 きっちり60Pまで書いて、第1章を終え、今から睡眠。
 ただいま、朝の8時。
 29Pか。
 このペースで行ければ。

■2012年08月29日(水)  二日目
 一日目は結局、31ページまで。
 今日はこれから、よんどころない用事で炎天下に3時間。
 帰宅して、りゅうの散歩して、少し休んでから執筆予定。
 悪くても60ページまでは書きたいところ。
 さて、どうなることやら。
 

■2012年08月28日(火)  一日目
 「特選小説」の来月号掲載の「作家的日常」を書き終える。

 来月の7日までに、書き下ろしを一本書かなくてはいけない。
 ただいま、6ページめ。つまり11日で290ページということ。
 このままではとても書けそうにないので、ブログに進捗状態を公開すれば、なんとか書けるかもしれない。いや、書かなくてはいけない。
 そう自分を追いつめて、これから毎日進行状態を公開しようと思う。
 苦肉の策(笑)。

 今、午前零時前。今夜はどれだけ書けるか。
 嘘は書かないので、楽しみにしておいてください。


■2012年08月24日(金)  連載を終えて
「特選小説」の連載『輪廻の春』の最終回を書き終えて、これでふたつの連載をほぼ終えた。好評のうちに終えられそうなのも、皆様のお陰。感謝!!!

 連載中はいついかなるときも何となく肩にのしかかっていて、自分の体重が増えているような気がする。これで身軽になったと思ったら、今日「悦」のゲラが送られてきた。
 そうだ、「悦」にも『鬼の棲む蔵』を連載していたんだ。一回80枚で今回が3回目だからあと一回。間隔が空きすぎて、ほとんど忘れちゃってますけど(笑)。
 一時はどうなることかと危ぶまれた「悦」だけど、継続が決まって本当によかった。10月には発行予定らしい。

 21日に「特選小説10月号」が出ていますよ。『輪廻の春』の6話「驕慢と純愛」が掲載されています。
「日刊ゲンダイ」の連載『熟女探偵団』は来週末まで。イラストの大柴宗平さんに助けられている感じ。
 双葉社のWEBでも見られますよ。無料ですので、ぜひ。

 


■2012年08月16日(木)  現状報告
「ヨシカワクン」が先週の新潟競馬の二歳未勝利戦で見事に勝ちましたね。1000メートルの直線コースという特殊なレースだけど、勝ちは勝ち。
 問題は二勝目をどうあげるかだな。血統から推して短距離場ということはないと思うので、マイル戦あたりを使ってほしい。

 9月発売の書き下ろしを2本終えて、日刊ゲンダイの連載中の『熟女探偵団』の最終週を書き終え、一息。ひさしぶりに亀吉の水槽の水を替えてやる。
 アオモでどろどろ。ほんと申し訳ない。でも、亀吉はひたすら元気なんですね。この生命力は何だろう。最近はドッグフードを与えているせいか、ますます巨大化して手に持っても、ずしりと重い。
 大きい水槽に変えてやらないとダメかもしれない。
 りゅうはこの猛暑でも元気。今年の夏は雷が鳴らないので、助かっている。花火には怯えてますけどね。

 一日くらい休んでいいだろうと、ビール飲んでたら、眠れる眠れる。体がベッドに吸い込まれていく感じ。
 で、また書こうとしたら、この弛緩状態から抜け出せない。
 身も心も地面に吸い込まれていく。
「特選小説」の連載『輪廻の春』の最終回書いて、もう一本書き下ろしをしなくちゃいけないんだけど。これも来月にこぼれるだろうな。
 涼しいところに行って、ゆっくりしたい。
 


■2012年08月07日(火)  アンソロ発売
 仕事をしながら時々ロンドン五輪を見ている。
 バドミントンの女子ダブルス準決勝は面白かった。霧原はバドミントンも少しやるのだけれど、シャトルを打った瞬間は時速200キロ以上だから、あのスマッシュを返す反射神経、動体視力って圧巻。
 攻める際はここでこう打って、前に落として……というシナリオが必要なわけで、なんとなく小説を書くのに似ているかもしれない。

 アンソロジーが2冊出ています。

『禁書〈潤〉』徳間文庫
 霧原は「線香花火の夜」を書いています。
 回春でできれば義父と娘という要請に応えて、しっかりと書かせてもらいました。ヒロインの名前は「蛍子」。義父は印刻師。同じ花火でも今回は線香花火。
 いいですね、あの繊細さと儚さが。
 
 http://www.amazon.co.jp/%E7%A6%81%E6%9B%B8-%E6%BD%A4-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4198935939
 
『快感航路』双葉文庫
 霧原は「北斗星の夜」を書いています。
 乗り物でというシバリのなかで書いたのは「寝台列車」。
 上野ー札幌を16時間かけて走る寝台特急「北斗星」で出会った男と女の「うたかたの夢」。
 実際に乗車した者にしか書けないところまで、書いてますよ。
 個室「ロイヤル」でほとんどやりっぱなし(笑)。大きな車窓から丸見えなんですけどね。

 http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%AB%E6%84%9F%E8%A1%8C%E8%B7%AF-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9D%A6%E6%9C%88-%E5%BD%B1%E9%83%8E/dp/4575515175/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1344280915&sr=1-1


 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.