霧原一輝/日記

日記

■2019年02月28日(木)  『鎌倉女体巡り』発売
『鎌倉女体巡り』(三交社 艶情文庫)が今日、発売されました。
 官能文庫の新レーベルで、先月からリリースされています。月に二本の刊行予定ということです。
 この厳しい状況で、官能の新レーベルを立ち上げられたその意気たるや素晴らしいです。いつまで続けられるのだろうかという危惧とともに、長く続けて欲しいと切に願っています。
 
 内容は、鎌倉のボランティアガイドをする退職者が、江の島の弁財天の助け(?)もあって、ツアー客の団地妻、若妻、若手ミュージシャン、葉山マダムなどの欲求を満たしていくガイド物語です。
 表紙の、長谷寺から見おろした三浦海岸(私には絵を見ただけでどこの景色かわかるのです)と、女性のぷりっとしたお尻の構図がたまりません。
官能レーベルを確立するためにも、売れてほしいです。

■2019年02月20日(水)  行ってきました 。
 東北ツアーから無事に帰ってきました。
 松島遊覧、鳴子温泉、最上川の舟下り、銀山温泉という贅沢だが駆け足のルートでした。
 舟下りの老ガイド、甚五郎さんの渋い歌声がいちばん記憶に残りました。方言過ぎて時々意味不明だけど、面白いし、民謡上手い。周りのおばちゃんたち、めちゃ喜んでました。
 甚五郎さん、めちゃくちゃモテるだろうな。
 舳先が逆巻く波を切って、しぶきがあがると、そこに「虹」がかかる。芭蕉ばりに俳句でも一句と思うものの。いかんせん俺は散文的過ぎて、句心がない。
 で、宮城から山形へと横断するこのへんの道を「奥の細道 湯煙りライン」と呼ぶらしい。二時間サスペンスのタイトルだな。
 
 銀山温泉はやはり別世界でした。ほんと小さな町並みだけど、ジブリの世界っていうか。宿、取れないみたいだけど、泊まってみたい。夜はまた一段とおとぎの国なんでしょう。どうにか痕跡を残そうと、あつーい足湯につかってきました。で、そのとき、靴を片方、足湯に落としてしまい……。
 いや、この話はやめましょう。悲惨すぎる。

 で、帰宅すると、りゅうはいつものようにクソまみれでしたが、その足で散歩連れていったら、どうにか歩けて、ダメージはなかったようで。
 しかし、俺がいないと、どういうわけかご飯食べないし、ほとんど水も飲まない。ドッグフードも水も全然減ってないんだな。
 断食してるのか? せめて水は飲んでほしい。

 で、ゲラ二本あげて、また書き下ろしにかかっています。
 明日は麻雀です。
 

 


■2019年02月17日(日)  『未亡人嫁のしずく』発売
 18日に『未亡人嫁のしずく』(竹書房文庫)が発売です。
 息子の嫁でありながら未亡人という、わくわくする物語です。
 すごくエロいと思います。ぜひぜひ、一粒で二度美味しいを味わっていただきたいです。

 短編「夜の座禅会」を書き終えて、送ったところ。
 明日は早朝に起きて、東北旅行です。数時間しか眠れないけど、仕方ない。まだ旅行の荷造りもしていない。
 ずっと行きたかったところなので、楽しみ。
 おかげで、ゲラ二本後回しになる。申し訳ないです。
 帰ってきたら、即ヤリマスのでお許しを。
 りゅうが元気でいてくれるといいのだけれど……。


■2019年02月06日(水)  座禅会
 普通に書き下ろしを書いています。
 
 先日は座禅会に参加してきました。
 仏教の習い事を題材にした短編を、という某雑誌の注文で、それなら、座禅だろうと――。
 北鎌倉の駅を降りてすぐの円覚寺の居士林と言う小さな修行場で。
「夜の座禅会」というタイトルに、ついつい惹かれてしまいました。「夜の座禅会」ってだけで、そそられる。
 夜の7時から9時まで。最初に指導僧の説明を聞き、その後、15分ずつ3回の座禅を組む。
 私は片足だけ組む、半跏趺座しかできないのですが、それでも呼吸に集中して座っていると、自分の身体が自分のものではないような、一種のトランス状態にはなったな。心地よかったというか、もしかして、快感?
 20人くらい参加していたんですが、静まり返ってしわぶきひとつしない沈黙って、俗世ではないですから。
「心の断捨離」ですね。何か余分なものをそぎ落とした感じで、すっきりする。
 でもその帰りに、辻堂の駅前で横濱家系ラーメン食べて、美味しいけど、約1000円て高すぎるだろう。ラーメンはせいぜい700円までだよなって、立腹している自分がいたりするのです。
 
 で、座禅に関する題材は見つかったかって?
 はい、見つけましたよ。たとえ、無私の心境になっても、淫心だけは残っているのです。
 でも、ここでは明かさない。小説、読んでください。
 タイトルはたぶん「夜の座禅会」――。 

過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.