霧原一輝/日記

日記

■2009年10月31日(土)  ひとりよがり
 ワールドシリーズが始まり、経過が気になってどうしても午前中に目が覚めてしまう。
 二戦目の松井の勝ち越しホームラン見事でした。
 見逃せばボールのカーブを右翼席に運ぶのだから、やはり並ではありません。
 しかも相手投手がペドロ・マルチネスだから、胸が躍る。
 松井にとっても、あの優勝の指輪をはめることができる、これが最後のチャンスである可能が高い。
 本人は膝がダメになってもくらいの覚悟でしょう。両膝手術の満身創痍の体なのに、頑張ってると思いますよ。
 優勝してほしい。そうでないと、イチローとの評価の差がひろがってしまう。
 イチローもいいけど、日本人はやはり松井でしょう。
 あの野暮ったさがいい。

 明日から、もう11月・・・
 一年経つの早いです。霧原で書き始めてほぼ丸三年。
 数えれば22冊の長編官能を出させていただいているのだから、恵まれていると思います。
 仕事が途切れないことの幸せを噛み締めつつ、しかし書くものは読者を勃起させるものをと淫心を磨く日々です。

 一月刊の双葉の書き下ろしは、ほぼ書き終えて、推敲の真っ最中。
 推敲というのは、一歩引いて読者の目をもってやるのですが、とても大切な作業です。ひとりよがりの部分ってありますから。
 でも、この「ひとりよがり」って言葉、考えてみたらずいぶんエロいなあ(笑)。
 明日も早く起きて、松井見なくては。DHがないから代打起用というウワサもありますが。


■2009年10月21日(水)  犬の遠吠え
 りゅうがサカリがついていて、遠吠えする。
 メスを求めているのか、それともやむにやまれぬ獣の血が騒ぐのか・・
 秋の空に向かって「ホオオオオオオウ」と吠えるのを聞くのは、物悲しいというか胸をかきむしられるというのか。
 サカリというのは近辺の犬がいっせいにかかるようで、りゅうの散歩をしていると、メス犬が「クウウウウン、クウウウウン」と甘えた声を出す。
 これも耳にするとたまらない。
 この犬の飼い主は老婆で、愛犬がりゅうを見て尻尾を振ると、「ババアのくせに色気づきやがって」とメス犬を罵る。ババアはお前だろと突っ込みを入れたいのをいつも我慢してる。

 犬もサカリがくると、じつはメスのほうが積極的に媚をうる。りゅうの前で腹見せて寝転んでしまうメスもいるし。
 人間もいざとなったら、女性のほうが積極的になるのではないかと思ったり。
 女性から誘うのははしたないという日本の美意識は、じつはそういうところをわかったうえでの逆説、戒めかもしれない。

 それにしても、りゅうの童貞はどうなるのか。このまま一生童貞で終えるのだろうか。なんとかしてやりたいけど、りゅうの種が欲しいと言ってたブリーダーの老人、芝犬のブリーダーをやめたみたいで。

『艶戯』(竹書房)が今日発売されました。霧原は「娘の女友だち」というエロい短編を書いています。このタイトル見て興奮した方は想像力豊かな方だと思います。

 書き下ろしは順調です。あばら骨もコルセットのおかげであまり痛まなくなりました。よかった。


■2009年10月17日(土)  登場人物
 15日に『花園えらび』(双葉文庫)が発売されて、早速知り合いの読者からメールが届きました。
 一晩で読んだというから、それなりに楽しんでもらえたのでしょう。
 彼は、登場人物のなかの「祐美」がいいという。ヒロインではないけど、キーとなる女性だ。
 そうか、祐美が好きなのか・・。
 意外だったけれど、なるほどとも思った。彼は「アレ」が好きなのかもしれない。「アレ」というのは、読んでのお楽しみです。
 5人、女性が登場するけど、どのキャラをいいと思うかは、読者によって違う。
 それでいいと思うし、そういう感想が出るのは、女性キャラが書けているということかもしれない。だから、うれしい。
 女性キャラの人気投票はゲームでは行われていて、けっこう意外な結果が出たりする。
 小説でもやったら面白そうだ。
 投票が少なくてショックを受けると困るから、やはり、やめよう。

『花園えらび』はAmazonで、なぜか「アダルト」に分類されている。こんなこと初めてだけど、なぜでしょう?

 わき腹は少し痛むけど、頑張って書き下ろし進めています。

 今日は土曜日、「日刊ゲンダイ」に「パソコン教室の女」の第3回が掲載されます。気が向いたら、駅で。
 
 
 


■2009年10月13日(火)  やはりか・・
 病院に行ってきました。早起きして、午前中に電話したら、混んでいるので午後にしてくださいとのこと。
 洗車したり、ツタヤでDVD借りたりして、午後一で市民病院へ。
 レントゲン撮って、問診して、診断は肋骨の軟骨のほうにヒビが入っているだろうとのこと。
 どうも痛いと思った。咳しても激痛が走ったから。
 たぶん、ソフトの打球が当たったときだな。右に撥ねたから、右の肋骨の弱い部分に当たったのだろう。

 でも、よくあることで、コルセットしてれば数週間で治るらしい。これは骨折とは言わないな。
 考えたら人生で骨折したこと一度もないのに・・もう若くはない。

 さして支障はないが、問題はりゅうの散歩だ。
 リードを引っ張られるたびに痛んでたから。でも、散歩しないと体調悪くなるし、腹がポニョになるし。
 左手でリードを持って、調節して散歩するしかないな。

 仕事にはまったく支障ないので、ご安心を。
 


■2009年10月11日(日)  わき腹が・・・
 わき腹が痛む。
 先週、ソフトボールをしてから少し違和感があったが、すぐ治るだろうと思っていました。
 これが逆で、どんどん痛みがひどくなり、咳をしても響く。一度寝転ぶと、起きるのに苦労するほど。
 どうしたのだろう? サードからファーストまで何度も投げたので、わき腹を傷めたか? それとも、一度猛ライナーをワンバウンドで体で止めたときに、打撲したか?
 連休明けに医者に診てもらおう。ただの打撲か捻挫であればいいけど・・。
 肋骨、折れてないよな。

『花園えらび』(双葉文庫)の見本が届きました。いい出来だと思います。
 内容は明るめで読みやすいと思います。お見合い13連敗の男のさまざまな女性とのセックスを楽しんでいただければ。
 書店には15日に並びます。

 双葉の書下ろしはようやく調子が出てきました。がんばらねば!
 
 りゅうがサカリがきたようで、あまり食べないでメス犬のおしっこを舐めてばかり。どうせ舐めるなら、じかに舐めろよ!
 犬はそういうことしないか・・・。


■2009年10月04日(日)  壮年ソフトボール大会
 今日は朝から町のソフトボール大会。
 寝たのが朝の5時で起きたのが7時半。野球となると元気なのが不思議。
 霧原は3番でサード。一試合目はチャンスにタイムリー、8度の守備機会もノーエラーで、チームも4−2で大逆転勝利。
 ひさしぶりの勝利にチームも沸く。
 ちなみに壮年ソフトは資格が50歳以上で、投手は山なりの投球をしなくてはいけない。これが、打っても飛ばない。
 直径10数センチの巨大ソフトボールが上から落ちてくるので、重いのです。
 しかも、2ストライクの後でファールを打つとアウト、という恐ろしいルール。
 したがって早打ちになり、一試合が40分で終わってしまう。

 霧原は塁にランナーがいればいるほどヒットが出るみたい。集中力が増すのでしょう。鈍感でプレッシャーを感じないという話も。

 二試合目はその前に待たされすぎで、みんなの体が動かなくて、1−6で敗退。
 疲れたけど、楽しかった。

 仕事は短編を書き終えて、明日から双葉の1月刊の書き下ろしに入ります。1月5日に発売なので、実質12月刊と同じ。大変です。

 昨日、「日刊ゲンダイ」の連載が始まりました。毎週土曜、10月だけですが、駅で見かけたら。

 食欲の秋、のせいか、食べ物が美味しくて、ちっとも体重が減らない。なんとかしないと。


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.