霧原一輝/日記

日記

■2013年05月30日(木)  惜檪荘
 日曜日にBS朝日で放映した『惜檪荘ものがたり』の録画を見た。いいドキュメントでした。
 1941年に岩波茂雄が施主で建築家吉田五十八が建てた熱海の30坪の別荘を、たまたま隣に仕事部屋をかまえていたベストセラー時代作家佐伯泰英氏が買い取り、私財を投じて復元するドキュメント。
 引き戸、雨戸、網戸すべてが戸袋におさまるシステムで、開け放つと、木々を通して見える海、大島が額縁におさまった一枚の絵画のよう。
 海って、創作の原動力になるんですね。まあ、わからない人にはわからないでしょうが。

 
 ここで、自分のゲラの著者校するときが、至福のひと時とおっしゃっていましたが、よくわかります。訂正文字がでかくて、男らしくて、おおおっと思いましたけど、あのくらいの勢いがないとあれだけの質、量はこなせないです。

 
 
 あと、私事で申し訳ないのですが、柴犬をお飼になっていて、熱海の浜を散歩なさるんですね。りゅうよりコンパクトでかわいい。
 もう70路を迎えていらっしゃると思うのですが、カッコいいです。
 俺もああいうふうに歳をとりたいと思いましたね。
 販売部数が天と地ほどの差があるので、何を言ってるんだって笑われそうですが、願望ですから。

 


■2013年05月27日(月)  WEB連載開始
 告知が遅れました。双葉でのWEB連載『ぬくヌク請け負います』の第一回がすでに掲載されています。毎週木曜更新ですので、もうすぐ更新されてしまいます。無料ですので、ぜひ。
 一度読んだら、病み付きになりますよ。失礼しました、大言壮語です。
http://www.futabasha.co.jp/wmf3/index.html
 

ダービー、キズナが勝ちましたね。神様はいるんだなって、思いました。
 あの高速馬場で、いくら追い込み馬だからといって、後方三番手につけられるって、かなりすごいことですよ。あれで届かなかったら、批難されるに決まってますから。私が騎手だったら、絶対にびびってもっと前につけてますね。
 したがって、あんな鮮やかな、胸のすくような勝ち方はできない。
 ここで差し切れるという、騎手と馬の信頼感、絆があってこそできること。
 スタンダードを打ち破るって、つまりそういうことなんだなって、教えられたような気がしましたね。創作活動も一緒ですよ。

 仕事はひたすら、書き下ろし。短編集のゲラ来てるし、来月の書き下ろしのプロットも考えなくてはいけないのだけれど、なかなかできない。すみません、もう少しお待ちください。
 

 


■2013年05月25日(土)  犬の注射
 今日は、りゅうの狂犬病と7種混合ワクチンの注射を、近くの獣医でしてきた。これに、フィラリアの薬8カ月分もらって、全部で温泉旅館に2泊できるくらいの料金ですから。高いです。
 りゅうは6月には11歳になるんだけど、獣医が「若い」って驚いてましたね。
 歩くのがやっとのレトリーバー散歩させてる人にうかがったら、10歳だと言ってましたね。大型犬は寿命が短いです。りゅうもいずれああなるので、介護が大変になるでしょう。覚悟はしてますけどね。

 獣医で、品のいい人妻と知り合って、じつは愛猫が骨折で入院とか。2階のベランダから落ちて、骨折したらしい。猫も骨折するのかって驚きましたけど。

 骨折といえば、明日はダービーです。全馬、無事に走ってほしい。霧原はキズナと心中です。このご時世ですから「絆」に勝ってほしい。武豊も完全復活してほしい。ドラマがないといけません。

 

 


■2013年05月22日(水)  読者の声
今日届いた「特選小説7月号」の読者サロンに、先月号に掲載された霧原の「白井家の嫁」について「再読、三読に耐えられる作品だと思う。」という読者はがきが紹介されていて、ちょっとうれしかった。
 そうか、三回も読んでもらえるのか。
 読者の声にはいつも励まされる。頑張らねば。
 

■2013年05月19日(日)  『禁色【蜜】』発売
 17日にアンソロジー『禁色【蜜】』(コスミック文庫)が発売されています。
 アンソロ月刊第3弾で、霧原は「ハニートラップ」50枚を書いています。文字通り、蜜の甘い罠ですね。どんな罠か、読んでください。
amazonへの反映が遅くて、まだ表紙も載ってないのですが。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A6%81%E8%89%B2%E3%80%88%E8%9C%9C%E3%80%89%E2%80%95%E6%9B%B8%E4%B8%8B%E3%82%8D%E3%81%97%E5%AE%98%E8%83%BD%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%82-2-3-%E8%97%8D%E5%B7%9D/dp/4774726265/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1368997293&sr=1-1&keywords=%E7%A6%81%E8%89%B2%E3%80%80%E8%9C%9C
 
 オークスはメイショウマンボでした。匂うなって思ってたんですよ。先に言わないと意味ないですが。牝馬の秋のクラシック、秋華賞のとっておきの穴馬をお教えしましょう。
 500万下を勝ち上がった、2戦2勝の「スマートレイヤー」。前走の上り3ハロンが32、8秒ですから。武豊もたぶんこの馬に乗ってくると思う。
 故障せずに、賞金を加算できたらの話ですが、出走してきたら「買い」です。

 読み切り短編を終えて、日曜日は日刊ゲンダイを書く。月曜〆切ですから、しばらくこのパターンがつづく。

 

 


■2013年05月17日(金)  トマト
 書き下ろしを中断して、特選小説のシリーズ読みきり『隣家の園』の第2話を書いている。
 設定は同じで、今度は女性視点で物語は進行する。
 どうなるのかって、期待のお葉書いただいているようですが、きっちりご期待には応えますよ。

 他に書くことがないので、今日の食事のメニュー。
 二食しか食べないので、昼食は昨夜の残り物の、茄子とピーマンと人参と椎茸と豚肉の炒め物。
 夜はカレーとサラダ。たっぷりのレタスにJAさがみの西俣野トマトにスモークサーモンを載せたサラダ。西俣野トマト、ひさしぶりに味の濃い昔のトマトを食べたなって感じ。オススメです。
 そう、料理けっこう得意なんです。組み合わせてるだけなんですけどね。
 


■2013年05月15日(水)  カラス
 もう、初夏だな。
 家にいても暑いので、半袖。半袖でちょうどいい。
 いつも思うことだけど、長袖のカットソーとか、それだけ着るのってほんとに僅かな期間。もったいない。

 りゅうは一階のウッドデッキに繫いでいるんだけど、ドッグフードを食べるときのアルミの容器の音がやけに大きく聞こえるので、おかしいなと思って見たら……。

 カラスがドッグフード突いて、食べてるではないか。そして、りゅうは1メートルほどの距離でそれをただただ眺めている!
 サッシ開けたら、カラスは即逃げていきましたけど、りゅう、お前は……って感じで。
 食料ってお前が生きていく上で、もっとも大切なものでしょう。それを、盗み食いされて穏やかな目で傍観してるとは、何事なのか!
 叱り付けてやりましたよ。
 前から、散歩から帰ると、ドッグフードが食われていたので、今は毛布かけてカラスに食われないように散歩出てるんだけど。
 きみの心がわからない。もしかして、友だち?


■2013年05月11日(土)  『野性時代』発売
 今日発売された『野性時代6月号』「40歳からの背徳の官能小説』特集号の付録読切り文庫に霧原も「吉祥天女」50枚を書いています。
 テーマが背徳ということで、本気出しちゃいましたね。
 霧原が本気出すと、どういう作品になるか――。
 ぜひぜひぜひ読んでいただきたいです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E9%87%8E%E6%80%A7%E6%99%82%E4%BB%A3-%E7%AC%AC115%E5%8F%B7-62332%E2%80%9018-KADOKAWA%E6%96%87%E8%8A%B8MOOK/dp/4041300428/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1368352707&sr=1-1&keywords=%E9%87%8E%E6%80%A7%E6%99%82%E4%BB%A3
 
また、日刊ゲンダイの連載が始まっています。挿絵は大柴宗平さん。これで、3度目ですね。彼には毎回渾身のイラストを描いてもらっていて、感謝してます。今回もよろしくお願いいたします。

 昨日は昔からお世話になっているベテラン編集さんに遠いところを拙宅までお越しいただき、大変充実した時間をもてました。ありがとうございます。
 さあ、書き下ろしだ。頑張らなければ。
 


■2013年05月09日(木)  KOシーン
 宮崎の左フックと井岡のボディアッパー痺れましたね。
 やはり、左フックのカウンターって、美しい。
 力ではなく軽いパンチで、簡単に倒れるんですね。あの一瞬の技巧が素晴らしい。
 世界チャンピオンを9人擁するのだから、今が日本ボクシングの黄金期でしょうね。今、見ないと損です。
 何しろ、海老原、原田の時代からのボクシングファンですから。大学のときも体育でボクシングの授業とってたくらいで。実際にやると、弱いですけど。
 今も執筆の際の気分転換に、KOシーン見て、すっきりして、また書いてますから。

 今日は昼間に書き下ろしの著者校をして、夜は書き下ろし。
 


■2013年05月07日(火)  日刊ゲンダイ連載開始
 いやあ、内山高志の左レバーブローすごかった。世界挑戦者クラスがあれだけ悶絶するのだから、俺なんか受けたらきっと肝臓破裂でしょうね。

 日刊ゲンダイ紙で『ぬくヌク請け負います』の連載が始まりました。土日祭日を除いた毎日、4か月つづきますので、よろしくお願いします。
 これは、2週間遅れで双葉社WEBにも掲載されます。
 はじまったらお報せしますので、ぜひ読んでくださいね。
 
 連休期間中の癒しは、引越しの際に購入した、全自動マッサージチェアーでした。ワンセット15分で3セットつづけると、まさに天国に昇った気分。
 腰痛もちなので、揉み解されていく瞬間はまさに至福。もしかしたら、セックスより気持ちいいかも。
 なんて話をしたら、某編集さんに「マッサージチェアー官能書いたら」というサジェスチョンいただきましたが、気持ちよすぎて書く気になりません(笑)。

 今日からまた新たな書き下ろしです。


■2013年05月04日(土)  一区切り
 朝までかかって、書き下ろしの残りを書き終えて、送信。
 これで、ようやく一段落。とはいえなくて、今日から新聞連載のつづきを書く。
 作家って、マラソンを走りつづけてるのと、一緒。ゴールは、書けなくなるときかな。

「日刊ゲンダイ」で連休明けの5月7日から、祭日土日を除いて毎日、4ヶ月連載されます。
 タイトルは『ぬくヌク請け負います』で、代理屋の話。要するに、家族、恋人などの代役を派遣する会社に勤める男女の話。代理セックス……ですね。
 面白そうでしょ?

 競馬で、キズナが勝ってよかった。この馬と武豊応援してるから。ダービーも勝って、ディープインパクトの再来と呼ばれたらいいのに。


■2013年05月02日(木)  『禁書<色>』発売
 アンソロ『禁書<色>』が今日発売されました。霧原は「春を売る」50枚を書いています。大人の小説でなおかつエロイを目指して書きました。読んでいただければ。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A6%81%E6%9B%B8%E3%80%88%E8%89%B2%E3%80%89-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4198936919/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1367504404&sr=1-1&keywords=%E7%A6%81%E6%9B%B8%E3%80%80%E8%89%B2
 5月、6月にかけて、霧原の作品が載るアンソロジーが5本、たてつづけに発売されます。5本ですよ。
 まさに、アンソロ月間!!!

 その代わりといっては何ですが、次の書き下ろしの発売は6月になります。
 しばらくは、短編をお楽しみください。よろしくお願いします。
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.