霧原一輝/日記

日記

■2010年08月27日(金)  終わった
 暑い、暑すぎる!!!
 うちは普通なら、夏の間にエアコン二週間使えば乗り切れるのだが、今年は一カ月以上フル稼働させている。
 日本の夏は暑いほうがいいが、この夏の暑さは半端じゃない。

 夕立がすごくて、りゅうを散歩させるたびに雷が鳴り稲妻が光る。昨日は近くの山にばんばん落ちてた。

 ようやく仕事が一段落ついた。
 不思議なもので終えて冷静に振り返ると、枚数的には大して書いてたわけではない。この二ヶ月で800枚まで届いてない。よくよく考えると、9、10月のほうが枚数的には多く書くことになる。
 なのに、なんでこんなにあたふたしていたのか?
 
 霧原の作品紹介に「名手による」などと書かれてあって、自分もそれを目指しているから嬉しい。最近痛感するのは、名手であるには、作品にも自分にもストイックでないといけないということだ。官能小説をストイックに書くことは、矛盾しているようだけど、矛盾しない。
 プロなら当然のことだ。
 
 でも、それをつづけていると、精神衛生上よろしくない。というか、もたない。
 
 というわけでもないが、来週頭にはしばらく東京に滞在して、出版社と打ち合わせ、打ち上げをする。ストイックによってダメージを受けた精神を回復したい。
 羽目を外したいところだが、呑んでもそんなに酔わないしな(泣)。
 たまには、記憶がなくなるまで呑んでみたいものだ。
 
 
 


■2010年08月17日(火)  もう少し!
 宝島社の書き下ろしを終えた。取材もばっちりしたし、ステキな物語として仕上がったと思います。
 と、喜んでいたのもつかの間で、発売が二ヶ月ずれこむことになった。たぶん、12月1日に出ます。
 10月に宝島の官能レーベルが創刊され、霧原のものも含めて5冊出るはずだったものが、いろいろあって月2冊刊行に変更された。
 ううむ、間に合わせようと、旅先でも朝方まで書いていたのに、実際〆切内に書き終えたのに、あれは何だったのか?
 出してくれるのだからとやかく言うことはないが、徒労感は少し残ったかな。

 いずれにしろ、山場は乗り切った。あとは特選小説と週刊大衆を残すだけ。
 この数ヶ月、タイトなスケジュールをこなせるか不安だったけど、やればできるじゃないかって(笑)。

 今夜はひさしぶりにお酒を呑んだ。缶ビール一本で心地よく酔った。

 騎手の武豊ジョッキーの復帰と重賞勝ちを祝して、乾杯!!!!


■2010年08月09日(月)  無事に帰ってきました
 昨夜、東北祭りツアーから無事に帰ってきました。
 午後7時に新宿着に予定が、大渋滞に巻き込まれて着いたのが深夜。かろうじて終電には間に合い、駅から車を飛ばして帰宅が午前3時。
 それから、パソコンを開いて、今日送る予定の原稿に手を入れる。
 向こうでも、祭りを見た後、ホテルで午前4時までパソコンのキー打ってました。

 竿燈(かんとう)まつり、青森ねぶた、五所川原の立倭武多、仙台の七夕祭りとまわってきたのですが、迫力ありましたね。
 ツアーで行くと何日間はツアー客と接することになり、添乗員や年配のご夫婦と知り合いになったりして、感じることは多かった。向こうは職業を知りたそうで、ごまかすのに苦労しましたけど。ああいう場で、官能作家であることを明かすのはまずいでしょう(笑)。
 この模様はひとまず「週刊大衆」で連載中の『ぬぷぬぷ添乗員』に反映されます。
 週刊大衆は今日発売されましたが、これまで「新連載」と書いてあったのが「好評連載」に変わっていたのが嬉しかった。

 でも、官能小説ですから、実際の祭りは触り程度になります。
 いずれ、本格的な東北祭り官能ロマンを書いてみたいですね。

 とこう書いている間にも、「大衆」の〆切はせまっている。
 焦らず、じっくりと、一作入魂を忘れずに!!!
 


■2010年08月04日(水)  明日から旅行
 明日から3泊4日で東北祭りの取材旅行。8日の夜までパソコンは見ないので連絡はケータイにお願いします。

 双葉のゲラを直し、10数ページ加筆。
 明日からの旅行ではノートパソコンを持っていき、宿泊先で夜はT社の書き下ろしのこれまで書いた部分の推敲、加筆。ねぶた祭りを見た後で、できるのでしょうか?
 旅行の添乗員さんと電話で話したが、これが霧原が「週刊大衆」で連載中の『ぬぷぬぷ添乗員』の主人公と似ていて、逢って話を聞くのが今から楽しみ。20名限定のバス旅行なので親しくなれそう。

 帰ってきてすぐに「週刊大衆」の連載2本を書き、お盆過ぎまでにT社の書き下ろしを終える。
 その後すぐに「特選小説」の連載一本を書き、終わったら「大衆」をまとめて書き、書き下ろしのプロットを出して、今月は終わり。
 予定通り進めば、月末の数日は空くので、打ち上げなどにあてたい。
 
 タイトなスケジュールだったけど、アクシデントがなければこなせそう。
 肩に重い荷物がのしかかっている感じだったが、少しずつ重荷が取れてきた。
 
 明日からの、竿燈まつり、青森ねぶた、七夕まつりなどの東北5大祭りが楽しみ。無事何事もなく帰ってこられればいいのだけど・・・
 
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.