霧原一輝/日記

日記

■2017年08月30日(水)  ブロークンアロー
 ようやく、琉球朝顔が咲いた。しかも、同じ房に、4輪一緒に。青紫がとても鮮烈。
 しばらくは、楽しめそう。ただ、ウッドデッキの外側に咲いているので、見るには上から覗き込むか、下から見上げるしかないんだけどね。

 先週は四日連続で、東京に。仕事の打ち合わせや、打ちあげなんだけど、最後の日は、麻雀の定例会。ひさしぶりに卓を囲むと楽しいですね。
 しかし、睦月さん、マジで麻雀、上手くなった。うん、ほんとうに。ヨイショじゃないですよ。
 深夜に帰宅すると、その足でりゅうの散歩に出る。一日に二度散歩しないと、りゅうが許してくれない。どっちが主人だか。
 
 仕事は、新聞連載の一週目を書き終え、忘れた頃にやってくる長編のゲラチェックを終えて、ふたたび、中断していた書き下ろしに。
 あまりに中断が多くて、忘れた(笑)。

 しかし、あの北のミサイル、どうにかならないものか。今後の日本の防衛など、いろいろと、考えさせられますね。そういえば、
『横須賀ブロークンアロー』(山田深夜著 双葉社)という上下巻1500ページを読み終えた。
 早い話が、横須賀に核が持ち込まれていたらというエンターテインメントなんだけど、今、マイブームが「横須賀」ってこともあって、めちゃワクワクした。長いけどね(笑)。でも、日本にとって核ってなんだろうと考えさせられもしますよ。
 
 


■2017年08月21日(月)  『三人の嫁』発売
『三人の嫁』(竹書房)が今日、発売されました。
 第二の人生を送ろうとしていた主人公が何気に購入した宝くじで、1億円が当たってしまったら――。
 そして、彼には三人の息子がいて、それぞれが結婚している。
 男は当選金の1億円をどう分配しようか悩んでいる。その場合、息子の嫁たちはどういう行動に出ると思いますか?
 
 三人の嫁 (竹書房文庫)
 霧原 一輝
 http://amzn.asia/3Mnxfe6

 昨年末の「特選」のコラムに書いたように、霧原が今年目指すところは――。
『リアル・ファンタジー』です。
 自分で言うのもへんだけど、これはその最たるものだという気がします。
 宝くじ一等の5億円当選というと、ウソだろとなるけど、前後賞の1億円だと、あるかもなというリアリティを感じるでしょう?
 自分で言っても何か嘘くさいですね。
 長男の嫁・淑乃。二男の嫁・香生子。三男の嫁・茜里のそれぞれの誘惑術、駆け引きをお楽しみください。
 最後は、主人公はどんな結論を出すのでしょうか?
 なお、大柴宗平氏の嫁3人のイラスト、傑作ですよ。
 
 


■2017年08月17日(木)  女子大生の日?
 昨日、8月16日って何の日だったか、わかります?
 昨日、もう1年以上通いつづけて歯医者に行こうと、愛車のエンジンをかけたら、ナビがいつものように女声で「8月16日 今日は女子大生の日です」って……。はんって、耳を疑いましたよ。確か今、女子大生の日って言ったような。
 ずっと引っかかっていて、後でスマホで調べたら、ありました、「女子大生の日」が。
 1913年同日、東北帝国大学が女子受験生3名の合格を発表したんだそうです。つまり、日本初の女子大生が誕生した記念日なのです。
 知らなかった。ただ、それだけの話で、オチはありません。

 仕事は、今、短編を書き終えたところ。すぐに、9月刊行の長編のゲラチェックにかかり、終わったら、新聞連載の梗概とタイトルを考え、それでようやく、一時中断している書き下ろしに戻ることができる。
 道は険しいです。とくに、8月以降ずっと続いているこの曇天が、気持ちを沈ませる。曇りだと、りゅうの散歩が遅くてもいいから、助かるんだけど、こうも続くとね。
 そのせいか、入谷の朝顔市で購入した琉球朝顔がいまだに、一輪も咲かない。
 そろそろ、快晴が欲しい。
 
 


■2017年08月08日(火)  低く垂れこめた雲
 8月6、9、15日は本当につらい日ですね。黙祷するしかありません。

 先日、茅ケ崎の花火を見ようと、辻堂海岸に出た。すごい音がしていたので、わくわくしながら海岸に出たら――。
 打ちあがるところは見えるんだけど、肝心の花開くシーンが消えてしまう。
 雲だ。低く垂れこめた雲が、遮っているのだ。こんなのは見たことがない。尺玉級だと、雲の上と下に花火が見えるのだが、肝心の中心部分が遮られている。
 そういえば、この前、隅田川に浮かぶ屋形船から見た東京スカイツリーも雲で、展望台から上が見事に消えていた。
 雲の威力を見せつけられたような気がする。

 仕事は、また書き下ろしで、一章めを書き終えたところ。ひさしぶりに女性視点で書いてるんだけど、なぜか筆が進む。午前中にノルマを終えてしまい、やることがなくなって、時間を持て余してしまう(苦笑)。

 今月は、21日に『三人の嫁』が出ます。表紙では、大柴宗平氏が3人の女性を魅惑的に描き分けてくれています。期待してください。
 
  http://amzn.asia/hNE4O8y
 

 


■2017年08月01日(火)  感謝です
 先週は、6人もの編集さんと打ち合わせができて、感謝です。
 打ち合わせといっても、大半は馬鹿話ですが、編集さんの寛容な御心もあって、盛り上がりましたね。仕事以外の話の内容はたぶん記憶から消えるけど、盛り上がったという空気感は残りますから。それがあれば、仕事で多少の齟齬があっても、乗り越えられます。

 日刊スポーツ連載『淫らな気(き)』終わりました。愛読していただいた方に感謝です。
 
 仕事は、この一週間かけて、新聞連載のまとめを終えたところ。やはり、新聞連載は一日一々が勝負なので、続けて読むと直したいところだらけで(笑)。
 苦労した分、良くなっていると信じたい。
 だけど、朝型にすると、たとえ夜に飲み会しても、きっちり仕事はできるので、大変助かる。
 朝型をずっと続けている、巨匠・睦月影郎氏のルーティンは正しいです。

 さて、また明日からプロット作り。しがない官能作家に休みはありません。


 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.