霧原一輝/日記

日記

■2011年01月22日(土)  文芸家クラブ新年会
 ようやく風邪が抜けた。今年の風邪には苦しんでいる方が多いようだ。
 上京して、出版社と打ち合わせをしてから、文芸家クラブの新年会パーテイに参加してきた。
 今年初めての方が多かったが、日本画家であり刺青を入れた女体を描くことに定評のある、小妻要先生にお会いできて感激。
 10数年前に雑誌の取材で家にうかがわせてもらって以来だった。
 まだまだ描きつづけていただきたい。

 しかし、この数日前の満月は見事だった。ちょうど十五夜のとき、この界隈の火の当番の夜回りをおおせつかって、満月とともに拍子木と鉦を鳴らしながら村をまわった。
 満月の夜は懐中電灯が要らないくらいに明るい。あの青白い月夜は萩原朔太郎というよりもむしろポール・デルボーの描く裸婦が似合う。
 坂道をあの裸婦が満月に向って歩いていく・・・

 ひたすら、双葉の書き下ろしを続行中。明日は週刊大衆を二本書いて、また書き下ろし。
「特選小説」の3月号に連載中の『蜜のしたたる宿』の第5話「私小説」が掲載されています。あのラストが・・という読者の方がいるようですが、心配いりません。あと3回のうちに明かされます。
 


■2011年01月16日(日)  初雪
 ようやく初雪。少し積もって、一面の銀世界。やはり、日本の冬はこうでなくては。
 抗生物質が効いて、りゅうはあっという間によくなった。今日も雪のなかをきっちり4本足で散歩をしていた。日ごろ薬を使わないから、効果が覿面なのだろう。
 それに較べて、霧原は医者で抗生物質をもらって飲んでいるものの、ちっとも効かない。喉は痛むし、鼻水はだらだら出るし。妙な抗体ができちゃってるんだろう。

 今月は「週刊大衆」の連載と「特選小説」3月号の連載だけで、文庫は出ません。
 来月は2本出るのですが、うち一本は別のペンネームで書いたものの復刻版だから、霧原としては一冊ということになる。
 今日は双葉の書き下ろしを書き、その後、復刻版のゲラチェック。
 ドキドキしながら読んだけれど、けっこうしっかり書けているかなと、ほっとした。

 


■2011年01月13日(木)  異常乾燥
 この空気の乾燥の仕方は半端じゃない。
 正月に引いた、喉からくる風邪がちっとも治らない。
 元旦にブログをもう少し頻繁に書くことを、ひそかに誓ったのだが、早くも挫折。誓いを書かなくてよかった。書かなかったから、できなかった?

 鼻水垂らしゲホゲホしながらも、年を跨いだ書き下ろし(文庫本332ページ!!)を終え、大衆の連載を2本書き、ようやく双葉の書き下ろしにかかれる。
 案じていたとおり、一週間遅れ。
 ようやく集中力が戻ってきた。昨年の後半、オーバーペース気味で突っ走ったためか、しばらく集中力がつづかない状態だった。
 マラソンと同じで、無理をすれば必ずあとで揺り戻しがくる。それをいかに少なくするかがプロの技なのだろう。
 3月中旬までは、またタイトなスケジュールがつづく。収穫といえば、あたふたしなくなったことか。それがいいことかどうかはわからないけれど。

 心配事といえば、愛犬りゅうの右の後ろ足が調子悪いこと。散歩していても、地面につこうとしないで、三本足でぴょんぴょん器用に歩く。
 獣医に連れていったら、傷が化膿して肉球がずる剥けになっているらしい。
 注射うって、抗生物質もらってきたから、そのうちに治るだろう。

 さあ、今日から気分一新して書き下ろしだ!!!


■2011年01月01日(土)  明けましておめでとうございます
 明けましておめでとうございます!!!
 本年もよろしくお願いします

 とはいうものの、今年も原稿を書きながら除夜の鐘を聞いていた霧原です。
 ここのところずっと、〆切に追われながら年を越している。ほんと、作家なんてなるものじゃないです。
 でも、それだけ仕事をいただいているということですから、感謝しなくてはいけません。

 昨年はデビューして5年目でしたが、もっとも忙しかった。
 12冊のうち、純粋な書下ろしが10冊で、短編集が2冊。二次文庫なしですから、がんばったほうでしょう。
 後半、週刊誌と雑誌の連載が入って、ちょっと大変だったけど、なんとか乗り切って自信はつきましたね。

 今年はさらなる飛躍を目指します。ただ、基本は「一作入魂」です。
 一作一作ベストを尽くしていかないと、次はないです。これはどの仕事でも一緒だと思います。
 編集者の方、読者のみなさまとともに、一歩ずつ成長していきたいですね。
 よろしくお願いします!!!
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.