霧原一輝/日記

日記

■2017年12月27日(水)  一年を振り返って
 有馬記念、キタサンブラックが有終の美を飾って、よかった。
 華麗に逃げ切ったのを、テレビで見て、大拍手してました。ハッピーエンドっていいよなあ。テレビに拍手したの、侍ジャパンが延長戦で劇的勝利をおさめたとき以来かな。

 今年、プライベートの最大のことは、初孫ができたことかな。
 しかも、女の子。息子のつけた名前が、偶然、俺の好きな映画のヒロインと同じだからね。マズいよなって(笑)。
 クリスマスにも彼女が興味を持っているという「アンパンマン」のDVDやグッズを贈っておいた。誰が贈ったか、よく言い聞かせておくよう言ってね。
 目下の夢は、彼女が大きくなったときのデートかな。
「ジイジとは行きたくない」なんて、ゴメンナサイされたりして。そうならないように、格好良く歳をとろうと思います。

 仕事は例年通りの月刊霧原、つまり、長編12冊刊行でしたね。
 それと、短編4編と、新聞連載二回ってとこかな。
 原稿用紙で4000枚近く書いてるはずなんだけど、どうしてこんなにフトコロが……いや、言うまい。
 今、まだ書き下ろしが第3章で、ヘロヘロだから、来年のことはあまり考えられないな。予定はびっしり詰まってるんだけど。
 いずれにしろ、一作入魂はつづけます。
 
 ほんと、今の熟年層は元気ですからね。セックス関係では、若年層よりはるかに元気。雑誌のデータにも顕著に出てる。
 彼らが求めているのは「癒し」じゃなくて「刺激」ですから。
 中高年齢層をナメてはいけません。


■2017年12月19日(火)  『こんな官能小説が読みたかった』発売中
 毎年恒例の「特選小説」の増刊号『こんな官能小説が読みたかった 2018年版』が発売中です。
 霧原は「今夜だけ、夫で」が掲載されています。
 ハガキを編集部に送ってくださった読者の方、ありがとうございます。
 また、拙著をコラムで取り上げてくれた、評論家の皆様、ならびに、作家の皆さま、ありがとう。感謝です。これを励みに、また来年も書き続けられます。

 峠を越えて、ようやくこれで書き下ろしに集中できる。正直、疲労困憊した。脳細胞がガス欠で、酸素を求めている感じ。
 まあでも、ひとつの世界にどっぷりつかれるのは、ある意味、楽ですね。
 今日はこれから辻堂でやっている、西岸良平原作映画『鎌倉ものがたり』でも、観てこよう。西岸良平氏は昔からのファンだから、すごく楽しみ。
 映画は、好きですね。どんなに忙しくても、だいたい一日に最低一本は観てしまう(もちろん、WOWOWかDVDだけど)。
 この前、日活ロマンポルノ生誕45周年記念で、5人の監督による新ロマンポルノが公開されて、一応全部観たけど。
 難しいな、って感じ。
 唯一のシバリが「10分間に一度の濡れ場」だったらしいんだけど、それが逆にセックスを薄めてしまっていると言うか、疎外しているような気がして。
 官能作品も明確なシバリではないけれど「一章に最低一度の濡れ場」ってのがあるから、いろいろと考えさせられた。俺は、いい加減な濡れ場って一度も書いたことないけどね。
 こうしてみると、かつてのロマンポルノの監督(神代辰巳とか)たちがいかに巧妙であったのかがよくわかる。時代的にも、あの頃はセックスへの期待、力が確実にあったような気がするしね。
 セックスの力を信じてない人が、ロマンポルノ撮っても、やはり、むなしいだけというかね。
 よし、これから『鎌倉ものがたり』を観に行くぞ!
 
 


■2017年12月07日(木)  朗読会
 お報せです。
 霧原が「特選小説1月号」に掲載したばかりの、「過ぎ去っていく季節」をAV男優で良い声をお持ちの大島丈氏が朗読してくださるそうです。

公演概要
イベント名:表参道文學
日程:12月11日(月)
場所:NOSE art garage(http://www.nose-artgarage.tokyo/)  東京都港区北青山3-5-21 加藤ビル5F
時間:(1部)14時00分開場/14時30分開演
   (2部)17時00分開場/17時30分開演
   (3部)20時00分開場/20時30分開演
チケット代:3,000円
定員:各回20名
当日朗読予定作品:オー・ヘンリー「賢者の贈り物」/田山花袋「蒲団」/森松宏介書き下ろしエッセイ/霧原一輝「過ぎ去っていく季節」
前回イベント紹介記事(ザ・テレビジョンweb):https://thetv.jp/news/detail/126896/

 20人規模の上記の会場でヘッドホンで朗読を聞く……という催し物で、集まるのはほとんど女性らしいです。声で濡らすってやつですね。
 しかし、田山花袋先生ですからね。ほんとうに俺でいいのって思いますよね。
 でも、大島氏が数ある作品のなかで「過ぎ去っていく季節」を選んでくれたことはうれしいし、さすが、お目が高いって(笑)。あれは、確かに朗読向きだと思います。
 ちなみに、一応、私も特選編集長さんとともに最終回に客としてうかがう予定です。

 ようやく、書き下ろしを終えて、ほっとしている。
 休む間もなく、まずは短編だな。
 貧乏暇なし状態はつづく――。


■2017年12月03日(日)  あかん、終わらん
 あかん、ちっとも終わらん。
 今、頭の中に、これから書くのも最終章を迎えたのも入れて、四つの世界が交錯していて、ぐちゃぐちゃだ。
 こんなときに、東北の温泉なんかに行ってるから、ますます切羽詰まってしまう。でも、半分取材だから、インプットしないと空っぽになってしまうしね。
 最近、旅ものを書く機会が多いから、まあ、仕方ないね。
 
 年末くらいのんびりしたいけど、今年はダメそうだな。
 貧乏暇なしとは、こういうことを言うのだなと痛感する日々――。

 
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.