霧原一輝/日記

日記

■2015年10月31日(土)  メガネも壊れる
 壊れるときは、つづくもので、ついにメガネもツルが壊れた。
 どうなってるんだ?

 遠近用がダメになり、現在は近近用で過ごしている。遠くが見えない。出来上がってくるまでの、あと数日間、我慢するしかない。
 視力検査を受けたが、どんどん目が悪くなっている。まあ、メガネをかければ見えるからいいのだが。それにしても、こんなに視力が低下しているとは。

 仕事は来月に出る新刊のゲラチェックをしたり、一月刊行用に連載をまとめたりと、比較的のんびりしている。こんな時がないと、精神のゴムが伸びきってしまうから。

 おととい、昨日と、二階と一階の徹底的な掃除。とくにキッチンまわりは念入りにやった。
 今日は、仕事部屋をやるつもり。
 マジックリンを使うと、汚れがウソのように取れて、気持ちが爽快。

 りゅうは、うちの強力ダイソン掃除機を背中などにあてて、吸ってやると、気持ち良さそうに目を細める。コロコロを転がすのもいやがらない。 
 多少、抜け毛が取れる程度だけど、当人にしたら、きっと気持ちいいのだろう。

 ちなみに、同じ部屋にあるマッサージチェアーを私が使うと、なぜか、その間だけ、りゅうはやたらドッグフード食いまくって、食い終わり、私がまだマッサージ中だというのに、もっとくれと生意気にも要求してくる。
 その際、いつも首をくいっ、くいっと同じ方向に曲げる。
 最初は何をしてるんだ、こいつ? といぶかんでいたが、彼の指し示す方に、ドッグフードがしまってあることに気付いた。ううむ、賢い奴。
 
 
 


■2015年10月25日(日)  ひと段落、ふー。
 短編をあげ、書き下ろしのゲラチェックを終え、連載を書いて送って、ようやくひと段落。
 ふーっ、今週は、家の掃除と本箱の整理にあてよう。

 しかし、うちのハイビスカス、11月を迎えようとしているのに、まだ咲きつづけている。ふたつの蕾が赤くなって、明日、明後日にはまた大輪の真っ赤な花を開きそう。どうなってるんだ?


■2015年10月21日(水)  「城ヶ島の恋」、特選小説12月号掲載
 短編書き下ろし『城ヶ島の恋』が「特選小説」12月号に掲載されています。
 旅情特集に書き下ろしたものです。
 湘南に住んでいることもあり、三浦半島(睦月影郎氏の生誕地でもある)にはちょくちょく足を伸ばすのですが、半島の最南端にある小さな島、城ヶ島は、そのさびれた風情が心のなかの何かを刺激してきて、惹かれてしまう。

 この短編は、あの島からインスパイアされたものを、初老の男と元彼女が20年ぶりに島を訪れるという形であらわしたものです。
 情景描写も今回は気合い入れて書きました。
 初老の男と彼の門下生であった若い女との「ふたたびの恋」は成就するのでしょうか? 読んでいただければ幸いです。
 http://www.amazon.co.jp/%E7%89%B9%E9%81%B8%E5%B0%8F%E8%AA%AC-2015%E5%B9%B4-12-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01494ZH5A/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1445417031&sr=1-1&keywords=%E7%89%B9%E9%81%B8%E5%B0%8F%E8%AA%AC+2015%E5%B9%B4+12+%E6%9C%88%E5%8F%B7


■2015年10月19日(月)  『色好みな相棒』最終回
「週刊大衆」の連載『色好みな相棒』が今週で最終回を迎えました。
 一月末から始めて、今が10月。約9か月の間、愛読していただいた読者の方には、ただただ感謝です。
 おちんちんが喋るなど、こんな出落ちしがちな設定で、36週もつづくかしら? いや、つづけるんだ、と自分に鞭打って9か月頑張って書きました。
 幸いに、多くの読者の方がついてきてくださり、とくに最後に向かってまたハガキが増えてきたと、編集さんに教えてもらったときは、かなりうれしかった。
 作家の喜びって、これしかないです。

 また、挿絵の熊田正男氏にも感謝です。かわいい「相棒」を描いていただき、女性も小股の切れ上がったいい女って感じで、好きですね。ありがとうございます。

 で、宣伝ですが、この連載をまとめたものが来年1月に双葉文庫から発売されます。たぶん、楽しめると思いますので、よろしくお願いいたします。

 しかし、パソコンがバーストしてこの数日間、焦った。
 3年前に購入した新品なのに、いきなり動かなくなって、修理店に持っていったら、ハードディスクに傷があるって。強制終了を何回もしましたかって。
 してないですよ。だいたい、直前まで普通に動いてたし。

 間違いじゃないかって思ったけど、修理に出すと、時間がかかるっていうんで、まんまと新品を買わされてしまいましたよ。
 痛い、散財でした。
 ほんと、スマートフォンは落として、ひび割れるし、パソコンは買い替えだし。
 泣きそう。

 買ってくださいませ。
 http://www.amazon.co.jp/%E4%BE%BF%E5%88%A9%E5%B1%8B%E3%82%82%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/4575518298/ref=sr_1_1?s=

こちらの連載のほうもよろしくお願いいたします。無料で見られます。
http://www.futabasha.co.jp/wmf3/index.html


■2015年10月14日(水)  『便利屋ももいろ事件簿』発売
 15日に『便利屋ももいろ事件簿』(双葉文庫)が発売されます。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BE%BF%E5%88%A9%E5%B1%8B%E3%82%82%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/4575518298/ref=sr_1_1?s=
books&ie=UTF8&qid=1444809019&sr=1-1

 下町の駅前商店街の居酒屋二階に間借りする主人公は便利屋をはじめるのだが、住人の元棹師や元プロレスラーの一風変な男たちが参加して、結婚詐欺師やら浮気調査をすることとなり――。
 シリーズ化できたらいいのですが。
 ぜひぜひ、お手に取ってください。


■2015年10月03日(土)  『トラッカー恋唄』双葉WEBで連載開始
 すみません、報告が遅れました。
『日刊ゲンダイ』連載中の『トラッカー恋唄』が、10月1日より、双葉WEB「f2官能文庫」で掲載開始されています。
 43歳の中年トラック野郎の物語です。ただ今、女性の方言に悪戦苦闘しています。ちなみに、新潟では女性器のことを「マンジョ」というそうであります。
 いろんな地方の女と中年トラッカーのゆきずりの恋と一度きりのセックス――。
 金本進氏の表紙イラスト、萌えますよ。
 無料ですので、よかったら読んで下さい。

 http://www.futabasha.co.jp/wmf3/index.html

 仕事は書き下ろしと、二つの連載。週刊大衆は早めに渡しているんだけど、こちらとしてはあと1回分で終わり。
 最終回を書くのは、なんだか名残惜しく、ちょっと感傷的になってしまう。
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.