霧原一輝/日記

日記

■2010年10月24日(日)  二人いればいいのに
 昨日の満月は素晴らしかった。見ました?
 たった二週間余であの鎌のようだった月が真ん丸に。出る時間もまったく違う。
 月ほど規則的になおかつ劇的な変化を見せるものはないと思う。陰暦を作った昔の人の心境もよくわかる。
 満月はこれから二週間かけて欠けていく。新月になるまで見守ろうと思う。

 昨夜の巨人ー中日戦はいい試合だった。野球見ていて目が離せなくなったのはひさしぶり。今の野球は長すぎるから7回までとすればいいと考えている。だけど、昨日みたいに8、9回にドラマが待っていることが多い。ただ、7回制にすれば、6、7回が面白くなるのではないかしら? そういえば、野球のボールも満月のように丸い。
 
「小説NON11月号」(22日発売)に短編「祭りの時間」(40枚)を書いています。青森ねぶた祭りを舞台にした歳の離れた男女の出会いと結末。
 忙しい時にしかも鬱期に書いたので自信はなかったのですが、編集長の感触がよくて、ひょっとしたらと思っていたのですが、やはり良い作品でした。鬱期に書いたものの評判がいいのはなぜでしょう?
 霧原のベスト短編集を編むとしたら、必ず選ばれる作品ですので、ファンの方もそうでない方にもぜひ読んでいただきたいです。

 仕事は、一昨日から11月刊行の二見文庫と12月刊行の宝島文庫のゲラの手直し。今日は週刊大衆を2週分書き、明日は11、12月週一土曜日連載の日刊現代の初回を書く。
 まだ途中の宝島のゲラ直しを終えたら、ようやくまた双葉の書き下ろしに戻れる。
 だいぶこの忙しさにも慣れたが、霧原が二人いればいいのにとつくづく思う。
 プラナリアみたいに分裂できたらいいのに。今度、そんなSF官能を書いてみたいのだけれど・・・。


■2010年10月19日(火)  追い込み
 週刊大衆と特選小説の連載分を書き終えて、双葉文庫の書き下ろしを続行中。
 双葉は今年、5本の書き下ろしをすることになる。ローテーションの変更にともなっての出来事だが、ひとつの版元で年5本というのは今後ないと思う。
 手かえ品かえで読者が飽きないよう、楽しめるようにと、ベストを尽くしてきたつもりですが・・。
 今回の作品は発売が12月なかばということもあり、クリスマスイブに始まりクリスマスイブに終わる話。内容はあまりクリスマスには関係ないけど(笑)。乞う、ご期待!!!

 この前、二見の編集長から電話があり「まだゲラを読んでいる途中なんだけど・・」と聞かされたときには、うん、書き直し? と脳裏をよぎった。ゲラを読んでる途中で電話なんて初めてだったし・・。
 そのあと「すごくいいよ。感激を伝えたくて電話した」って聞いて、涙が出るほどうれしかった。
 以前にも日記に書いたけど、冒険作で苦労したから、ちょっと報われた気がした。
 11月20日あたりに出るので、その成果を確認してもらえればうれしいです。

 現在、月の満ち欠けの観察を続行中。ある人に「小説の中で、真夜中に三日月がかかっている描写を時々見かけるけど、あれは実際にはありえない」と聞いて、月の満ち欠けを学ばなければと。
 一週間ほど前、りゅうの散歩時にシャープな鎌のような三日月が山の端に沈むのを見て以来、月と一緒に散歩。
 現在、上弦の月を越えてどんどん満月に近づいている。雲間からのぞく月っていいですよ。

 11月上旬までに、山ほど仕事が残っている。夕刊紙の週に一度の連載も入ったし。少し焦らないと、こなせない。 
 


■2010年10月10日(日)  あけび
 二見の書き下ろしをようやく終えた。これまでサブテーマにしてきたものをメインに持ってきたので、かなり手こずった。霧原にとっては冒険なので、時間がかかったのはやむを得ない。さて、読者にわかってもらえるか?

 気分転換に愛車で峠をドライブ。秋晴れで爽快だった。とはいえ、谷川連峰が雲がかかっていて見えなかったのが残念。
 峠の農作物直売店で、あけびを買って食する。紫がかった鞘から白い果実がこぼれている。天然の甘さが癖になりそう。
 この時季は、あけびのほかに、無花果、柘榴などの「われもの」が店に並ぶ。それぞれ、食感が独特で一度口にすると癖になる。ちなみに、あけびは「開ける実」から命名されたらしい。
 殻の口が開いて、内容物があらわになる果物って、どれもがエロティック。食べるのがもったいないくらい。

 仕事は一段落する11月初旬まではタイトなスケジュール。前ほど焦らなくなった。一作入魂でひとつひとつ大切にして書いていくしかない。

 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.