霧原一輝/日記

日記

■2012年12月27日(木)  連日の……
 昨日、今日と編集さんや作家さんが拙宅に訪ねてきてくれて、連日のささやかな飲み会。
 忌憚なく話ができるって素晴らしい。こういう仕事をやっていてよかったと思う瞬間でもある。
 そのうちのひとりが、私が前に書いた作品を読んで、官能作家になろうと決意した男性新人作家。自分の書いた一冊の本が、人の人生に影響を及ぼすというのは、作家冥利に尽きます。
 ただ、この道が決して平坦ではないことを知っているがゆえに、若干の責任を感じるというか、複雑な心境にもなる。やる限りは成功してほしい――マジにそう思う。

 その後、年賀状を書く。この忙しいときに! と思ってしまう。そもそも年賀状って本当に必要なのだろうか?
 感謝の気持があの一枚のハガキで表せるとは思えない。他に方法がある。
 いっそのこと、みんなでいっせいに年賀状をやめるというのはどうだろう。
 元旦にポストから年賀状取り出して、一枚一枚見ながら、その人との一年を振り返る――正月の良い風景ではあるのだけれど、しかしね……。
 


■2012年12月21日(金)  『特選小説2月号』発売
『特選小説』2月号が発売された。霧原は、読者の要望に応える企画「リクエスト小説」で、「あの人は…」を書いています。
 選ばれた読者ハガキを参考にして書いたところ、ばりばりの性春小説になってしまいましたね。
 今まで特選さんに書いてきたものとは、まったく違う。さて、読者にどう映るか、大いに楽しみ。
 年内の霧原一輝作品の刊行は、これで最後(だと思う)。

 昨日は編集さんが湘南の家に訪ねてきてくれて、夕方、駅まで愛車で迎えにいったのですが、海が見たいというので、近くで車を駐車して、夜の海を散歩。
 ほとんど真っ暗で、波頭だけが白い海辺を男二人で散歩ってちょっと危ない雰囲気(笑)。
 その後、行きつけの鮨屋で楽しく飲み、語る。
 霧原がナッツ類が好きだと覚えてくれていて、和風の豆菓子の「豆千代」をお土産にいただいた。これが絶品。
 単身生活を送っていると、心のこもったお土産がうれしい。
「お歳暮」でいただいた、静岡の干物の詰め合わせも身が詰まって美味しく、冷凍してあるから、しばらく楽しめそう。
 最近は食うことが愉しみになりつつある。来年はぶくぶくに太って、「ダンディな霧原さん」(?)の枕詞をつかえなくしてやる。

 


■2012年12月14日(金)  『熟女リサーチ』発売
『熟女リサーチ』(双葉文庫)が発売されました。書店に並ぶのは16日くらい。
日刊ゲンダイに連載した『熟女探偵団』のタイトルを変え、書き加えたもの。
 楽しく一気に読めると思うので、ぜひ手にとってださい。
 http://www.amazon.co.jp/%E7%86%9F%E5%A5%B3%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/4575515493/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1355493333&sr=1-1

 昨日は睦月影郎氏の忘年会に出てきました。盛況でした。ボーリング大会、飲み会と楽しいひと時を過ごさせてもらいました。
 うちらのテーブルで盛り上がった話題が「男性は自分の陰毛を鋏などで整えるかどうか」。
 じつにくだらない話題ですが、不思議なことに官能作家の多くは陰毛をカットするのだけれど、編集者でカットしている者は一人もいませんでしたね。
 時代作家も陰毛を整えてる人はいなかったな。
 ううむ、統計を取って明らかにしたい問題である。
 ちなみに私はととのえています。


■2012年12月10日(月)  『こんな官能小説が読みたかった』2013年版発売
 散歩は近くを流れる川伝いが多いのだけれど、昨日、今日とつづけて「鵜」を見た。鵜は何も長良川とかだけにいるわけではなく、全国的に生息するんですね。
 潜ったと思ったら、一分くらい出てこない。しばらくして、50メートルほど上流に浮かび上がり、飛び立つときは水面すれすれに滑空して、やがて舞い上がる。
 
 ご存知『特選小説』の毎年恒例の『こんな官能小説が読みたかった』2013年版が今日届きました。
 特選さんは読者投票だけでガチで15作選ぶから、ほんとうに怖い。霧原も「老いらくの恋」が選ばれて、ほっと一息。でも、来年はどうなるかわかりません。うかうかしてると、選に漏れることだってあり得る。
 
 この号で、第二回団鬼六大賞作家のうかみ綾乃さんと対談しています。
「男は……」とばかり言ってて恥ずかしいですが、男と女の感じ方の違いなどがよく出ていると思うので、よろしければ読んでください。
 http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/4502271/s/
 

 


■2012年12月08日(土)  救命胴衣
 昨日は地震があり、ここもかなり揺れた。津波が来ると危険な場所なので、あわてて救命胴衣をつけた。
 周囲から、救命胴衣用意しておいたほうがいいと勧められ、3日ほど前に購入したもの。頭や尻も覆われ、ホイッスルまでついている優れものだが、着方が難しいので試着していた。
 昨日はまず来ないとは思ったが、訓練もかねて着てみたら、数分で着られた。
 その格好で、1時間ほどいましたね。
 救命胴衣つけて、官能小説書いていました。はたから見たら、かなり異様だったでしょうね。本人はマジなんだけど。

 今日から、書き下ろしの第3章に入る。


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.