霧原一輝/日記

日記

■2018年09月09日(日)  「特選小説 別冊 人妻ベストコレクション」発売中
 特選の別冊「官能小説人妻ベストコレクション『茜』」が発売されています。
 霧原は「初恋の女教師」」が再録されています。また、「早瀬真人が選ぶ今、読みたい人妻官能文庫」で、拙著『女連れごほうび旅』(双葉文庫)が紹介されています。早瀬さん、ありがとう。
 以前にこのブログに、「タイトルに人妻というタームを入れれば、売れると言う時代はまだまだつづくだろう」と書いた覚えがあるけど、人妻旋風は衰えるばかりか、ますます吹き荒れる。
 まあ、いいんだけどね。霧原が今月出す文庫のタイトルも、『人妻は昼顔夫人』ですから(笑)。
 
 今日は、新聞連載を1週分書き、書き下ろしの残りを書き終えた。
 これで、今年中に書かなきゃいけない書き下ろしが、あと3本か。正月に休めるように頑張ろう。

■2018年09月02日(日)  日刊ゲンダイ連載開始
 日刊スポーツの連載『突然のモテ期』が終わりました。愛読してくださった方、ありがとうございます。
 好評を受けて、10月に大幅加筆して、双葉社から文庫で発売されます。面白いです。よろしくお願いいたします。
 
 つづけて、3日から日刊ゲンダイ紙で『この歳でヒモ?』の連載がはじまります。
 土日祝祭日を除いて毎日、今年いっぱい4か月の連載です。
 会社を50歳で退職した主人公が、ひょんなことから、女のヒモを目指すという痛快な話です。駅売り、コンビニなどでお求めください。
 また、半月遅れで、双葉WEBでの連載もはじまります。
 よろしくお願いいたします。

 先週は、二回上京して、二人の編集さんと打ち合わせ。で、今年で連続3年通っている店があって、そこのボーイッシュでかわいらしい女性従業員のネームプレートに「○○温」とある。
 どう読むのだろう? 「おん」じゃないですよ。わかります?


 答えは「すなお」。知ってないと、まずわからない。だけど、ちゃんと人名漢字と読みにあるんだな。
 ちなみに、彼女は仲間からは「おんちゃん」と呼ばれているそうです。
 今度、小説につかおうと思っている。


■2018年08月22日(水)  「神山家の嫁」DVD発売中 特選にも掲載
「特選小説10月号」に、発売中の霧原原作のDVD『神山家の嫁』(マドンナ 篠田ゆう主演)の写真と、原作になった本作品が再録されています。
 http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=juy572/
 特選小説とのコラボ企画です。
 質の高い作品撮ってる老舗レーベルですから、これもいいと思いますよ。
 叔父に犯される若き未亡人を演じた、篠田ゆう。なかなかいいのではないでしょうか。お楽しみください。

 全然関係ないが、強炭酸水を作れるソーダストリーマーを買ったのだけれど、これが便利で今、はまっている。簡単にハイボールが作れるし、炭酸水も美味しい。炭酸ガスが混ざるだけで、なぜあんなに甘く感じるのだろう?
 1万円で買えます。お勧めです。
 


■2018年08月20日(月)  『孤島の蜜嫁』発売
 金足農業の2ランスクイズ、すごかった。普通、ノーアウト満塁でしかけないでしょう。あれには唸った。感動さえした。

『孤島の蜜嫁』が発売されました。この前あった、しまなみ海道を逃げた脱獄囚の事件に着想を得て、書いたものです。
 島の話ですが、ほとんどが密室で、しかも登場人物は義父と息子の嫁と脱獄囚の3人というピュア―な物語です。ぜひぜひお手に取ってくださいませ。

 孤島の蜜嫁 (竹書房文庫)
 霧原 一輝
 http://amzn.asia/5mq8ka4
 

 先週は、京都五山の送り火見物と、貴船の川床料理を食べてきました。
 送り火は見た場所が問題で、4つしか見えず、しかも小さくてがっかりした。その代わり、清水寺で大護摩供養を偶然見て、そのすさまじい煙と炎には感動した。
 もっとも、いちばん印象に残っているのは、夕食時の舞妓の踊りで、きっちり3人の舞妓の名前を聞いてきました。聞いたからって、どうできるものではないけど。
「夢二の女」に限りなく近い女って初めて見た。
 宮川町の18歳の舞妓で、千賀染(ちかそめ)と言います。
 ほんと、関西で生まれて大金持ちだったら、絶対にハマって舞妓を水揚げしてたと思う。
 以前に熱海の芸者にもハマりかけたし、自分でもほとんど病気だなと思った。金持ちでなくてよかった、マジで。


■2018年08月12日(日)  ようやく暑さが、だが、休めない
 ようやく暑さも峠を越えて、犬の散歩も時間的に楽になってきた。
 今日の甲子園の星稜対済美戦、すごかったですね。いくらタイブレークとはいえ、あそこで逆転サヨナラ満塁ホームランが出るか?
 小説でも書けない。

 長編、書き上げて、明日からはまた新しい長編。最近、各社の〆切が早まっているから、調整が難しい。来年の1月刊の〆切が11月初旬ですからね。今週は京都旅行が決まっているし、休む暇がない。こんな時に、旅行入れる私がいけないんです。

 20日に発売された『フライディ ダイナマイト』で官能特集をやっていて、霧原が先月号の特選小説に発表した短編「セミが鳴き、人妻も啼く」も取り上げられています。立ち読みでもどうぞ。 



上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.