霧原一輝/日記

日記

■2019年11月09日(土)  『湘南の人妻姉妹』発売
 10日に『湘南の人妻姉妹』(悦文庫)が発売されます。
 湘南のパティシエ翔子と、同じ家で陶器を売る結子は、人妻姉妹。
 タウン誌記者の吉岡にとって、翔子の作るスイーツはオアシスだった。
 それが、男と女の関係に変わったとき、姉の結子と取材旅行に出ることになり。
 やがて、女の渇きと男の欲望はもつれあい、交錯して……。

 人妻姉妹を書くのは、ひさしぶり。かなり乗って書けました。よろしくお願いいたします。

 書き下ろしを終えて、ようやく一息つける。パソコンもだましだまし使って、どうにかもってくれた。
 来週からの船旅のために、荷物をまとめて、船に送ったのですが、いやあ、大変でした。スーツケースに山ほど服を埋め込んだのは、ほんとひさしぶり。
 船内だけでなく、寄港地でのオプショナルツアーもあるから、それ用の服とか靴も用意しなくちゃいけない。
 スマホで「荷物の詰め方」を参照して、どうにかまとめました。
 最近は、服とか入れて圧縮できるケースが発売されていて、随分、助かった。
 インフルエンザの予防接種も受けたんだけど、効果があるのは2週間後らしくて、その頃はもう帰宅してるじゃんって笑い話。
 まだ、ゲラとか、連載用のプロットなどあるけど、ひとまず、今月はゆっくりして、インプットに努めます。
 せっかくこの3か月で5キロ以上落として、理想体重に達したのだから、船旅でリバウンドしないようにしないといけませんね。
  


■2019年10月28日(月)  『家政婦さん、いらっしゃい』発売
『家政婦さん、いらっしゃい』(二見文庫)が発売されました。
 右腕骨折で家事のできなくなった独り暮らしの男が、たまらず、家政婦を呼んだら……。禍を転じて福と為す、官能です。
 霧原が右腕骨折をしたからこそ、書けた。
 作家は、転んでもただでは起きない、を地で言った作品です。

 しかし、今使っているパソコンが寿命を迎えたようで、だましだまし使っている。富士通の親指シフトだから、替えが効かない。
 せめてあと10日、今の書き下ろしを終えるまで、もってほしい。途中でデータ、消えたりしないでほしい。


■2019年10月22日(火)  特選小説発売
『夜も添乗員』、この状況で売り上げが心配だったのですが、好調に動いているようで、安心しました。「いい読者をもってるなあ」とほんとうれしかった。この状況でも官能小説を買ってくれたみなさまには、ただただ感謝です。

「特選小説12月が」が発売されました。
 冬の旅情と言うテーマだったので、霧原は『追憶の銀山温泉』という短編を上梓しています。
 キーは銀山こけしです。こけし、というだけでエロく感じてしまうのは、官能作家の業でしょうか? 最近の「こけ女」は卑猥なこと考えずに、ただただ「かわいい!」と感じて、こけしを集めているのでしょうが……。

 数か月前、体組計で内臓脂肪をはかったら、『危険』』領域に達していることが判明し、以降、ダイエットに励んでおります。
 炭水化物を減らそうと、白飯を一日一回に減らし、腹八分で食べるのをやめ、夜のウオーキングを続け、テレビ体操をし、腹筋背筋運動をつづけ、スレンダートーンで腹筋を鍛え、夕食以降は絶対に食べ物を口にしないと誓い、日々の記録をスマホアプリで記録しつづけたところ、痩せましたよ。二カ月で4キロ減った。
 それまで切れそうで切れなかった壁がこの数日で一気に崩れて、目標の体重まであと一キロ。
 やれば、できるじゃん!
 


■2019年10月11日(金)  『夜の添乗員』発売中
 『夜の添乗員』(双葉文庫)が発売されました。
「日刊ゲンダイ」に連載されたものに、加筆訂正したものです。
 新人ツアーコンダクターがひょんなことでツアー客の人妻と情を交わすことになり、それをキッカケに……。東尋坊、加賀、最上川、奄美大島、ねぶた祭り、室戸岬、高山祭りとツアーはつつづき。そして、片思いの女性添乗員との恋は成就するのでしょうか?
 トップページを参照してくださいませ。

 台風がきていますね。うちは海が近いし、近くを流れる川が氾濫しないことを祈ります。千葉は大丈夫ですかね? ブルーシートが飛びまくるんじゃないか。
 本の発売時期に、消費税の値上げと台風か。ううん……。
 


■2019年10月05日(土)  今月の刊行予定
 よし、書き下ろしを終えて、送った。
 これで、今年刊行予定の書き下ろしはすべて書き終えた。
 残るのは、来年刊行の二本だ。
 大丈夫、俺ならできる。
 
 今月の刊行予定です。
○10月10日 『夜の添乗員』(双葉文庫)発売
○10月21日 「特選小説12月号」に短編「追憶の銀山温泉」掲載
○10月28日 『家政婦さん、いらっしゃい』(二見文庫)発売

 よろしくお願いいたします。
 あと、全然関係ないけど、最近、エッチ系の迷惑メールがやたら多くて。
 受信拒否しても、しても、その防御網をかいくぐって、やってくる。いくら送っても、読まずに消されるだけなのに、なぜしつこく送ってくるのだろう。
 とくに土日には100通以上届く。
 ノルマみたいなのがあって、ビジネスで送ってくるんだと思うけど、お互いの労力の無駄だと思うけどね。ほんと、やめてほしいわ。法的に訴える方法はないんだろうか? ほんと受信拒否に登録するだけで疲れる。
 
 



上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.