霧原一輝/日記

日記

■2019年09月19日(木)  初めての……。
 もう、20日前か。早い。時間が経つのが早すぎる。
 書き下ろしをあげて、短編を書き終え、今日からまた新作の書き下ろしにかかる。
 クルーズまで、あと二本。先は見えてきた。
 よし、頑張るんだと、自分を励ます日々。

 昨日、生まれて初めて、スマホで払った。スマホによる、電子決済は初めて。
 家の近くのスーパーはそのアプリを使えば、5パーセントが還元される。
 ドキドキだったが、「初めてなんで」とレジの人に言ったら、親切に教えてくれた。6000円買ったら、300円還元されると出た。
 一々、キャッシュを出して、おつり貰う手間が省けていい。
 10月から消費税があがるが、しばらくはこの店では10パーセントの還元があるという。6000円で600円戻ってくるんですよ。使わなきゃ損でしょ(笑)。
 


■2019年09月06日(金)10:13  「特選 人妻コレクション」発売
 ご存じ「特選小説」の別冊「萌黄 人妻ベストコレクション」が発売中です。
 霧原は「旅の終わりに」50枚を再録してもらっています。
 よろしくお願いいたします。

 今日は残暑が厳しい。しばらく、こういう日がつづいて、気づいたら秋になっているのだろう。秋口には様々な雲が多く発生するという。雲が厚くて、ほとんど夕陽が見えない。

 つづいてきたゲラを2本返して、また、書き下ろし。あと一週間もすれば書き終えるのだろうが、その後、短編を書いたら休む間もなくまた書き下ろし。
 終わったら、休む間もなく、また書き下ろし。
 11月のクルーズ旅行までは、とにかく書き続けるしかない。
 バイアグラ飲んで、書きたい気分――。

 


■2019年08月30日(金)  『還暦ボーイズの性春』発売
 一気に涼しくなりましたね。
 
『還暦ボーイズの性春』(艶情文庫)が発売されました。
 地方でランジェリーパブの店長を勤める男が、コンパニオンから還暦野球チームの監督を依頼され、癖のある還暦過ぎの選手をまとめつつ、コンパニオンにチアリーダーをやってもらい、マドンナを落とすためにも優勝を目指す――。

 感動作です。

 霧原の作品は、右腕骨折の影響もあり、9月には出ません。この二冊、よろしくお願いいたします。


■2019年08月28日(水)  『とろめき嫁のレッスン』発売
 本日、『とろめき嫁のレッスン』(竹書房)が発売されました。
 職場の若いOLに言い寄られて、困惑した熟年が、息子の嫁に相談する。
 すると、義父を心配した美しき嫁が、禁断の肉体レッスンをつけてくれて……。

 エロいと思います。猛暑も和らぎました。ぜひ、お手に取ってくださいませ。

 この前、辻堂の浜辺で、初めて花火をしました。風が強く、なかなか点火しなくて((笑)。
 でも、最近のオモチャの打ち上げ花火は小さいのに、随分と高くあがるんだな。びっくりした。名匠が作った線香花火を用意したんだけど、風には勝てず、途中で落下してしまい、せっかくの線香花火には悪いことをした。
やはり、線香花火は家の軒下でやるものですね。


■2019年08月23日(金)  「轆轤でまわして」特選小説10月号発売
 りゅうの49日も終わった。今頃、天国に向かう階段をのぼっているだろうか?

 21日に発売された「特選小説10月号」にアーカイブで「轆轤でまわして」を再録しています。10年前の作品ですが、ちょっと手を加えたら、だいぶ良くなりましたね(気がする)。
 手に取っていただければ、幸いです。

 書き下ろしを終えて、タイミングよく届いたゲラをチェックし、昨日からまた新作の書き下ろしにかかっています。今、書いているのが12月に刊行予定。
 今年中にあと4本か。ゴールは見えてきましたね。
 11月にはクルーズで家を空けるから、それまでに3本か。何とかなるだろう。
 



上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.