KIRIHARA KAZUKI
OFFICIAL SITE
KIRIHARA KAZUKIOFFICIAL SITE 霧原一輝 Kirihara Kazuki Official Site
霧原一輝 / 著者紹介

日記

2022年08月06日(土)

今月の予定

 猛暑、集中豪雨と天候が猛威をふるっている。
 予想よりはるかに早く、地球は人類が住むことのできない環境になるかもしれない。
 今月の刊行予定です。
○書下ろし長編『ふしだら年下女上司』(竹書房)……8月22日発売
 http://www.amazon.co.jp/dp/4801932312/

 以上です。よろしくお願いします。
 さっき、ゲラを出してきたところ。来月からいろいろと始まるので、今は大童ですね。まあ、何とかなるだろう。これまでにも、何とかしてきたし。
 やるしかない。俺ならできる!
2022年07月27日(水)

4回目接種

 一昨日、大手町の大規模接種会場で、4回目の新型コロナ予防接種を受けてきた。量が少ないなと感じたが、そのせいか副反応はいっさいなかった。
 筋肉痛も熱もなし。
 慣れてきちゃったのかな?
 60歳未満だと、4回目を打ちたくても打てない人がたくさんいるんだろうな。打ちたい人は打てるようにすればいいのに。
 何だか申し訳なくて。
 東京に電車で行く間に、二つばかりプロットの原案思いついた。
 けっこう多い、電車のなかで生まれた作品。

 しかし、この1週間ほど前から、セミの鳴き声がかまびすしくて。
 朝の6時からシャーシャーと鳴いている、
 耳鳴りのようにこびりついて、離れない。
 書くときはBGMかけてるから気にならないんだけどね。
 かつての蝉取り少年でも、セミを煩く感じるようになるんだな。

 虫と言えば、youtuberである生物観察の鬼「おーちゃんねる」にハマっている。登録者数132万人。俺のような昆虫好きには面白くて、興味が尽きない。そのお蔭で、執筆が遅れている。
http://www.youtube.com/channel/UCQJaE9hvHI3muexZWj3LKXQ

 

 
2022年07月14日(木)

『鎌倉の書道家は未亡人』発売

『鎌倉の書道家は未亡人』(双葉文庫)が発売されました。
 役職定年を迎えた商社マンが、荷物の取え違えで、北鎌倉に住む美しい書道家に出逢う。
 彼女は若くして夫を亡くしていたが、書道界としては将来を嘱望される存在だった。彼はその書道塾に入り、性春を取り戻していくのだが、やがて、彼女の究極の紙探しの旅に同行することとなり、船でしか行けない温泉宿で目くるめく瞬間が待っていた……。
 表紙の帯を散ってください。むらむらしますよ。この太腿はヤバい!
 面白いと思います。手に取っていただければ。

 http://www.amazon.co.jp/dp/457552588X/

 仕事は俺のスケジュール管理の甘さがいけないのですが、一時間も惜しいと言う状況に追い込まれている。
 火事場の馬鹿力で乗り切るしかない。
2022年07月02日(土)

今月の予定

 一か月ぶりの更新になりますが、わたくし、ただただ書いております。。
 したがって、改めて書くようなうことはないのですが、一応、ここいらで今月の出版予定を。

○書下ろし長編『鎌倉の書道家は未亡人』(双葉文庫)7月14日発売

http://www.amazon.co.jp/dp/457552588X/

 以上になります。よろしくお願いします。

 しかし、梅雨が異常に早く開けたと思ったら、戻り梅雨か。
 だいたい、6月中に気温40度って、あり得ない。
 四季がきちんとあると思っているから、いけないんだな。
 もはや、四季など幻想だと看破すれば、いちいち反応しなくてすむ。その分、旅行の予定が立てにくくなるけど、もう、当たるも当たらぬも八卦状態。
 今、俳句って成り立つの?

 
2022年06月06日(月)

特選小説増刊号発売

 特選小説 増刊号『これが官能小説だっ!【撫子】』が、発売されました。
 霧原の「紫陽花とかたつむり」が掲載されています。2015年8月号に掲載された短編の再録です。
 今でも、内容ははっきりと覚えている。それだけ、自分にとっても印象に残っている作品。
 これから、梅雨に入るこの時期にはぴったりだと思います。
 なんか、梅雨をすっ飛ばして、夏になりそうな暑さですけど。身体が暑さに慣れたところで、梅雨だから、厄介なんだな。

 今月の霧原の作品刊行は、これだけです。
 次は、7月の双葉社の新刊ですね。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
2022年05月23日(月)

『とろり蜜嫁<新装版>』発売

 本日、『とろり蜜嫁<新装版>』が発売されました。
 板長を引退した主人公が、息子の嫁に請われて料理を教える。やがて、ママ友たちのために料理教室を開くようになり、食材ばかりか、女体も調理することに……。
 だいぶ前に出した作品の新装版ですが、エッチだと思います。
 よろしくお願いします。

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4801931030/

 しかし、先日思ったのだが、焼かれた後の自分の骨を親戚にしげしげと見られるのは、恥ずかしくていやだな。あれを免れる方法はないのだろうか?
 
2022年05月21日(土)

特選小説7月号発売

 21日に発売された「特選小説7月号」に、短編「最後の一筆」40枚を書いています。前回も「特選」に北鎌倉の美人書道家をヒロインに書いていますが。これは、その第2弾です。といっても、ヒロインはまったく別人で、テーマも180度違います。
 内容は、まさに「最期の一筆」――。
 よろしくお願いします。

 この二日間、親戚の不幸で大変でした。
 火曜日に、長編の〆切を終わらせておいて、よかった――と、今になって思う。
2022年05月09日(月)

『湯けむり、未亡人村』発売

『湯けむり、未亡人村』(悦文庫)が、発売されました。
 リモートワーク移転で山奥の温泉旅館の別館に引っ越したWEB会社。
 若い主人公が別館の半露天貸切り風呂で寛いでいると、なぜか美人仲居が「お背中お流しします」と。
 じつはこの村にはかつての災害で男性たちが亡くなり、人妻たちだけが生き残ったと言う歴史があった。そうとも知らずここに移転してきた会社の男性社員は、飛んで火に入る虫だった?
 面白いと思います。お手に取っていただければ幸いです。

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4781620760/

 ゴールデンウイークはひたすら書いていましたが、一日だけ日帰りで、甥の結婚式で愛知県の長久手に行ってきました。小牧長久手の戦いのイメージがある場所ですが、行ってびっくり。名古屋の衛星都市として急成長をとげつつある町でした。
 あらゆるチェーン店が進出してきているし、様々な大学が計10個もあるそうです。万博の名残の一周25分かかる巨大観覧車がそびえたち、近々、巨大ジブリパークも開園するそうです。
 大都市の近くに、ひろい土地が余っているって、強いですよ。
2022年05月02日(月)

今月の予定

 ゴールデンウイークがはじまっていますね。
 今月の予定です。

○長編書き下ろし『湯けむり、未亡人村』(悦文庫)5月8日発売
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4781620760/

○短編「最期の一筆」(特選小説7月号所収)5月21日発売

○新装版長編『とろり蜜嫁<新装版>』(竹書房文庫)5月23日発売
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4801931030/
 
以上になります。通常より多いのですが、来月6月は霧原の作品は一切出ませんので、よろしくお願いします。

 先日は、東北、北海道のお花見ツアーに行ってきました。実は、昨年も行きたかったのですが、コロナ禍で中止だったので、そのリベンジに。
 角館の桜は、前夜の季節外れの嵐で、きれいに散り、ああ、俺ってやっぱりお花見には見放されているんだなと落胆。弘前城の桜も残っているのは枝垂れ系のみでしたが、ライトアップされた枝垂れは妖艶でした。内濠の船にも乗ったしね。
 何と言っても今回の白眉は、函館五稜郭の満開の桜でした。あの星形の要塞がピンクに咲き誇っていて、タワーから見ると、夢のような光景でした。
 早朝散歩で五稜郭の濠の外周歩き、内の函館奉行所前の広場で、6時半からラジオ体操していたので、俺もちゃっかり参加しました。血塗られた歴史のある場所でのラジオ体操って妙な感じでした。気持ち良かったけどね。
 最後の松前城も桜の品評会のようで、百種類を超える桜が咲き誇っていました。お気に入りは「雨宿(あまやどり)」という名前の白い花びらの大きな桜。他にも「薄紅衣」や「一葉」や「御車返」とか、興味深い名前の品種があって、驚いた。

 桜に生命力をいただいた感じですね。
 

 
2022年04月14日(木)

『オジサマが好き♡』発売

『オジサマが好き♡』(双葉文庫)が発売されました。
 行きつけのスイーツバーでサプライズの誕生日プレゼントをもらった主人公。
それをきっかけに、世の中には意外と「オジサマ好き」の女性がいることを知り……。美女と二人三脚での、快進撃がはじまった!
 日刊ゲンダイの連載に大幅加筆したものです。
 ストーリー展開には期待しないで、濡れ場を気楽に読んでくださいませ。

 http://www.amazon.co.jp/dp/4575525669/

 相変わらず気象が定まらず、乱高下しているな。昨日は初夏のように暑かったのに、マイナス10度って、何を着ればぴったりくるんだ?
 さっきから適正な服をさがして、三回くらい着替えている。

 一か月ぶりに、執筆をはじめたところ。
 短編書いたら、長編書きます。
 
2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索