霧原一輝/トップページ

ようこそ

ここは官能小説家、霧原一輝の公式ウェブサイトです。
アダルト関係の情報、リンク等も含まれておりますので、未成年者の方は閲覧をご遠慮ください。

新着情報

連載

NEW!『女体、洗います』
(日刊ゲンダイ連載 5月7日〜8月末 毎週月〜木の4日間掲載。半月遅れで、双葉WEBにも連載)

銭湯や温泉で、本格的に体を流す「洗い師」を目指す若者が、伝説の洗い師に憧れて、弟子入りした。
やがて、ある事で二人は追われるようになり、各地の温泉を転々とするのだが……。

『人妻クルーズ』
(「週刊実話」連載 12月18日〜毎週水曜日発売)

初めての「週刊実話」連載です。主人公がブラック企業に就職してしまう。
そこで、課せられたノルマは、車一台分のアダルトグッズを売りきることだった。
彼はワゴンを運転しながら、全国を巡り、人妻たちに大人の玩具を――。

新刊

NEW!『回春の桃色下着』(二見文庫 776円 6月26日発売)

こんなになったのは、いつ以来だ?
魔法の匂いが彼に性春を取り戻させる。
精力剤より効く、書下ろしスーパー回春官能!

NEW!『美人課長の手ほどき』(紅文庫 792円 6月24日発売)

女の気持ちと身体を教えてあげる。
地方の閉ざされた美容会社で繰り広げられる、年下男とお姐様方の交歓図。

NEW!『ふしだら蝶の谷 新装版』(竹書房文庫 726円 5月27日発売)

「ああ、欲しくてたまらないの」
この村の女はいつも濡らしている!
女たちが次々と発情する、妖しき蝶が舞う背徳の園……。

NEW!『美脚のはざま』(悦文庫 792円 5月10日発売)

三姉妹の足に首ったけ? ハイヒール、ピンヒール、ミュール……。
美脚の内奥で、靴職人を待つ泉があふれでる。
魅惑のスタイリッシュ・エロス!

『美女刺客と窓ぎわ課長』(双葉文庫 737円 4月15日発売)

リストラ候補にあがった窓際課長
送り込まれる美女請負人やセックス刺客を
持ち前のスーパー「遅漏」でもって撃退する。
そして、一発逆転か?……痛快ロマン!

NEW!『カルチャーセンター人妻あそび』(艶情文庫 794円 3月30日発売)

「先生の意地悪……もう許して、早くしてっ」
人妻生徒の裸体を快楽色に染める
絵画講師の淫らな筆使い――

『ふしだら妻のご指名便』(竹書房文庫 726円 2月27日発売)

宅配ピザ屋でアルバイトを始めた20歳前の男。
美人店長に惹かれながらも、ママ友会の奥様方に気に入られ。
人妻たちに、ピザならぬ快楽デリバリーを――。

『いい女ご奉仕旅』(双葉文庫 737円 1月16日発売)

鎌倉で雑貨屋を営む中年主人公が、いい女を求めて全国行脚。
沖縄の孤島で女教師とナースを。北上し、鳴子温泉で鳴子こけしで若女将を、さらには龍飛岬で……。
いい女は見つかるのでしょうか?

アンソロジー

『禁色”卒業”』(コスミック文庫 680円 5月19日発売)

禁色“卒業” (コスミック文庫) このシリーズの6本目。霧原は『卒業の夜』50枚を書いています。
大学の卒業式の夜、女にはもうひとつ卒業しなければいけないものがあった。

『禁色【Fの喘ぎ】』(コスミック文庫 680円 11月18日発売)

禁色 “Fの喘ぎ” (コスミック文庫) いつものメンバーによる短編集。
霧原は「FF」50枚を書いています。さて、「FF」とは何を指すのでしょうか?

雑誌掲載

NEW!「応援団の美人課長」(特選小説7月号所収 5月21日発売)

熟女課長はじつは某野球チームの熱狂的ファンだった!
そのしどけないユニホーム姿に全員が首ったけ!
同号にエッセイ「作家的日常」も書いています。

「向かいの未亡人」(特選小説3月号所収 1月21日発売)

好評「向かいの〜」シリーズの未亡人版です。炬燵セックスを書いています。

更新履歴

2020年
6月29日 新刊に『回春の桃色下着』、『美人課長の手ほどき』追加
5月25日 新刊に『ふしだら蝶の谷 新装版』追加
5月14日 連載に『女体、洗います』、新刊に『美脚のはざま』追加
5月14日 雑誌掲載に「応援団の美人課長」追加
4月15日 新刊に『美女刺客と窓ぎわ課長』追加
3月29日 新刊に『カルチャーセンター人妻あそび』追加
2月29日 新刊に『ふしだら妻のご指名便』追加
1月15日 新刊に『いい女ご奉仕旅』、雑誌掲載に「向かいの未亡人」追加

→これより過去の更新履歴を見る


上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.