KIRIHARA KAZUKI
OFFICIAL SITE
KIRIHARA KAZUKI OFFICIAL SITE 霧原一輝 Kirihara Kazuki Official Site

霧原一輝 / 新着情報

ようこそ
ここは官能小説家、霧原一輝の公式ウェブサイトです。
アダルト関係の情報、リンク等も含まれておりますので、未成年者の方は閲覧をご遠慮ください。

新着情報

連載

NEW!『オジサマが好き♡』(日刊ゲンダイ連載 9月6日~12月末 毎週月・火・水・木曜日 祭日を除く)

55歳の課長が、世の中の女性にはイケメンだけではなく、オジサマ好きがいることに気づく。 果たして、彼に突然のモテ期は訪れるのでしょうか?

→ 半月遅れで、双葉WEBにも連載。

新刊

NEW!『蜜命係長と女スパイ』(双葉文庫 792円 1月13日発売)

総務部係長に舞い戻った富士夫に、ふたたび会長秘書を通じて、蜜命がくだる。
それは、社内秘をハニートラップで持ちだした女スパイに逆トラップをしかけること。
果たして、富士夫は自然豊かな南の島で女スパイを見つけることができるのか?

NEW!『人妻と濃厚接触』(紅文庫 792円 12月23日発売)

妻に感染予防で拒まれつづけた男がついにコロナ不倫に。
マスクをつけたセックスや両手持ちバック……。
だが、意外な人が感染する。それは、なんと妻だった!

NEW!『童貞係長の卒業式』(悦文庫 792円 11月10日発売)

百貨店勤めの彼には、人に言えない秘密があった。
それは、35歳の係長なのに、今だに童貞であること。
だが、あることをキッカケに怒涛のごとき快進撃がはじまった……。

『部長夫人と京都で』(双葉文庫 770円 10月14日発売)

23歳の新入社員がひょんなことで、上司の部長夫人に童貞を捧げる。
夫人に京都紅葉ツアーに誘われた彼は断り切れずに、二人で。
京都では想像をはるかに超えた出来事が待っていた。

『人妻お忍びツアー』(艶情文庫 794円 9月30日発売)

新人添乗員・淳一ははツアー客のひとりが、叔母の志麻子であることに気づく。
叔母は初恋の相手だった。しかも、どうやら彼女は不倫旅行の予定だったらしい。
ツアーの夜、淳一は童貞を捧げ、やがて……。

『嫁と回春スローライフ』(竹書房文庫 770円 8月25日発売)

美しき息子の嫁と、田舎でしっぽり濡れて……。
のどかな山村で、禁断の性戯!

『PTA会長は官能作家』(双葉文庫 792円 7月15日発売)

北関東のとある町。身分を隠していた官能作家に、まさかの小学校PTA会長の声がかかる。
やむなく会長を引き受けた彼を待っていたのは……。
派閥争いに身体を張る美女に肉体接待され、女教師にも。
保護者、つまり人妻たちは彼の描く小説よりもエロかった!

『義父の後妻』(二見文庫 792円 6月28日発売)

妻の父である70歳の義父が、若すぎる28歳の女性と再婚?
妻の意向もあり、止めるはずが逆に誘惑されて……。
目くるめく展開が待っていた。

『天狗のいけにえ 新装版』(竹書房文庫 770円 5月17日発売)

妖しき村での秘められた性の饗宴。
彼は天狗伝説の伝わる秘境の村へ。
劇団「てんぐ座」と親しくなった彼は、座長と三人の女性に巻き込まれる。
彼を待っていたのは、淫靡な性の世界だった。天狗が美女を犯す?

『人妻と新卒と未亡人』(悦文庫 792円 5月8日発売)

中古車ディーラーに入社したての新人がツンデレの未亡人主任に教育される。
ある日、整備工場で主任の情事を見てしまい。
彼の人生は好転し、顧客の人妻をはじめとして。
夢もあそこも膨らむばかりだったが……。

『蜜命係長と島のオンナたち』(双葉文庫 759円 4月15日発売)

建設会社で煮え湯を飲まされている係長に、蜜命がくだる。
それは会長が15年前に愛した女を捜しだすこと。
彼女はイッタときにだけ、太腿に赤い蝶の斑紋が浮かぶ。
彼女を捜しに、係長は佐渡島に向かうのだが……。

『秘湯の未亡人女将』(艶情文庫 794円 3月30日発売)

東北の山間にある温泉宿。夫を亡くした若女将は経営がうまくいかず。
その美貌に目をつけた実業家たちが彼女を。
姦計に落ちていく若女将。やがて、淫らな湯女が評判を呼び……。

『おためし村の誘女たち』(竹書房文庫 770円 3月1日発売)

60歳で退職した主人公は田舎暮らしを目指して、ある山村に「お試し移住」を。
そこで彼を待っていたのは、役場の清楚な女、スナックの妖艶なママ、農家の肉感人妻など。
移住を決めた彼に、まさかの部長待遇でのお誘いが。
迷った末に彼が選んだのは……。

『マドンナさがし温泉旅』(双葉文庫 759円 1月14日発売)

雑貨屋を営む主人公が出会いを求めて、仕入れと称して全国へ。
道後温泉では松山のマドンナと五七五セックス。
出雲大社では鎌倉の未亡人と和服セックス。
草津温泉では、ガラス工房店主との浮気セックス……。
倫太郎の旅に終わりはあるのか?

アンソロジー

『禁色”卒業”』(コスミック文庫 680円 5月19日発売)

禁色“卒業” (コスミック文庫) このシリーズの6本目。霧原は『卒業の夜』50枚を書いています。
大学の卒業式の夜、女にはもうひとつ卒業しなければいけないものがあった。

『禁色【Fの喘ぎ】』(コスミック文庫 680円 11月18日発売)

禁色 “Fの喘ぎ” (コスミック文庫) いつものメンバーによる短編集。
霧原は「FF」50枚を書いています。さて、「FF」とは何を指すのでしょうか?

雑誌掲載

NEW!「湯煙の向こうに未亡人」(特選小説3月号所収 1月21日発売)

ひょんなことで知り合った女は、鎌倉在住の麗しき未亡人だった……。

NEW!「未亡人の姫はじめ」(特選小説別冊『こんな官能小説が読みたかった!2022年度版』に掲載 12月7日発売)

男は、2年前に夫を亡くした部下を嵐山に誘うのだが……。

NEW!「老いらくの恋」(特選小説1月号 特選アーカイブス掲載 11月21日発売)

10年前に書いた、老いた男と息子の嫁の淫靡な関係。

「濃厚接触」(特選小説11月号掲載 9月21日発売))

コロナ不倫の話を軽妙に書いてみました。

「城ヶ島の恋」(特選小説 人妻ベストコレクション『潤』掲載 9月3日発売)

再録です。城ヶ島で繰り広げられる教授と元教え子の再会不倫。

「天使の声」(特選小説「これが官能小説だっ!」掲載 6月3日発売)

入院したところのナースは天使の声を持っていた……。

「梅雨になると嫁は」(特選小説7月号掲載 5月21日発売)

息子の嫁は梅雨になると淫らになる。

「未亡人の姫はじめ」(特選小説3月号所収 1月21日発売)

美しい未亡人と京都嵐山で、着物姿で姫はじめ。

「紅葉と息子の嫁」(特選小説11月号所収 9月19日発売)

紅葉狩りの旅先で、美しい息子の嫁をモデルに写真を撮る義父の悦び。

「応援団の美人課長」(特選小説7月号所収 5月21日発売)

熟女課長はじつは某野球チームの熱狂的ファンだった!
そのしどけないユニホーム姿に全員が首ったけ!
同号にエッセイ「作家的日常」も書いています。

「向かいの未亡人」(特選小説3月号所収 1月21日発売)

好評「向かいの〜」シリーズの未亡人版です。炬燵セックスを書いています。

更新履歴

2022年
1月11日 新刊に『蜜命係長と女スパイ』、雑誌掲載に「湯煙の向こうに未亡人」追加
2021年
12月20日 新刊に『人妻と濃厚接触』追加
12月20日 雑誌掲載に「未亡人の姫はじめ」、「老いらくの恋」追加
11月3日 新刊に『童貞係長の卒業式』追加
10月9日 新刊に『部長夫人と京都で』追加
9月29日 新刊に『人妻お忍びツアー』追加
9月5日 連載に『オジサマが好き♡』追加
9月5日 雑誌掲載に「濃厚接触」、「城ヶ島の恋」追加
7月11日 新刊に『PTA会長は官能作家』追加

→これより過去の更新履歴を見る