霧原一輝/トップページ

ようこそ

ここは官能小説家、霧原一輝の公式ウェブサイトです。
アダルト関係の情報、リンク等も含まれておりますので、未成年者の方は閲覧をご遠慮ください。

新着情報

連載

NEW!『人妻クルーズ』
(「週刊実話」連載 12月18日〜毎週水曜日発売)

初めての「週刊実話」連載です。主人公がブラック企業に就職してしまう。
そこで、課せられたノルマは、車一台分のアダルトグッズを売りきることだった。
彼はワゴンを運転しながら、全国を巡り、人妻たちに大人の玩具を――。

新刊

NEW!『いい女ご奉仕旅』(双葉文庫 737円 1月16日発売)

鎌倉で雑貨屋を営む中年主人公が、いい女を求めて全国行脚。
沖縄の孤島で女教師とナースを。北上し、鳴子温泉で鳴子こけしで若女将を、さらには龍飛岬で……。
いい女は見つかるのでしょうか?

NEW!『上司の熟れ妻たち』(紅文庫 792円 12月25日発売)

会社員の主人公がある事情で、訳あり課長の妻を抱くことになる。
その後、彼には次々と命令がくだる。上司の妻を寝取れと。

NEW!『人妻女教師 誘惑温泉』(二見文庫 763円 12月20日発売)

定年間際の男性教師、第二の人生の門出に、教え子たちと旅に出る。
しかし集まったのは、現役女教師の三人だった。東北での夢のような接待。
その裏では、ある計画が進んでいたのだった。

『とろめく白肌 港町の美女』新装版(竹書房文庫 726円 11月18日発売)

マッサージ師が旅の途中の、北陸の漁村で運命の女に出逢う。
が、彼女には秘密があった……。
さびれた漁村での漁師の妻、海女さんたちとめくるめく体験をしつつ、やがて運命の女と!

『湘南の人妻姉妹』(悦文庫 792円 11月10日発売)

湘南のパティシエ翔子と、同じ家で陶器を売る結子は人妻姉妹。
タウン誌記者の吉岡は翔子にオアシスを見いだしていた。
それが、男と女の関係になったとき、その姉と取材旅行に出ることになり……。
女の渇きと男の欲望はもつれあい、やがて……。

アンソロジー

『禁色”卒業”』(コスミック文庫 680円 5月19日発売)

禁色“卒業” (コスミック文庫) このシリーズの6本目。霧原は『卒業の夜』50枚を書いています。
大学の卒業式の夜、女にはもうひとつ卒業しなければいけないものがあった。

『禁色【Fの喘ぎ】』(コスミック文庫 680円 11月18日発売)

禁色 “Fの喘ぎ” (コスミック文庫) いつものメンバーによる短編集。
霧原は「FF」50枚を書いています。さて、「FF」とは何を指すのでしょうか?

雑誌掲載

NEW!「向かいの未亡人」(特選小説3月号所収 1月21日発売)

好評「向かいの〜」シリーズの未亡人版です。炬燵セックスを書いています。

NEW!「引っ越してきた人妻」(特選小説増刊『こんな官能小説を読みたかった 2020年度版』所収 12月6日発売)

読者の選ぶ小説に、霧原の本作品も選ばれています。再録です。

「追憶の銀山温泉」(特選小説12月号所収 10月21日発売)

亡くした連れ合いを引きずった男と女が銀山温泉で出会い、銀山こけしが二人の仲を……。

「引っ越してきた人妻」(特選小説8月号所収 6月21日発売)

独り住まいの元教師の家の向かいに引っ越してきたのは、
結婚して人妻になった元の教え子だった。そして始まる背徳の痴戯。

「夜の坐禅会」(特選小説 5月号所収 3月21日発売)

退職した男が坐禅会に参加したのだが、そのとき男が見たものは……。
あまりにも背徳的すぎる短編。

「セミが鳴き 人妻が啼く」(特選小説「こんな官能小説が読みたかった 2019年度版」所収 12月9日発売)

義父と息子の嫁の話。セミが鳴くと……。再録です。

「昭和荘エレジー」(特選小説1月号所収 11月20日発売)

昭和特集です。神田川沿いに建つアパートには、奇妙な人々が住み、大学生は管理人さんと……。

「神山家の嫁」(特選小説10月号所収 10月21日発売)

マドンナより発売中のDVD『神山家の嫁』の原作の再録です。若き未亡人が、堕ちていく……。

「セミが鳴き人妻も啼く」(特選小説9月号所収 7月21日発売)

セミの声を聞くと発情する義父と、汗のランニングシャツに性欲を呼び覚まされる嫁の物語。

「嫁の乗馬姿」
(特選小説5月号所収 3月21日発売)

美人妻の手習い特集の一篇。
息子の嫁の乗馬姿に「萌える」義父。楽しく読めると思います。

「ローカル線痴情」
(特選小説3月号所収 1月21日発売)

未亡人が亡夫との思い出を追って、東北にひとり旅をするが……。
ローカル線と海の見える温泉での痴情。

「今夜だけ、夫で」
(特選小説「こんな官能小説が読みたかった 2018年版」所収
 12月10日発売)

旅に出た義父と、もと息子の嫁の狂おしい情交。再録です。

「過ぎ去っていく季節」(特選小説1月号所収 11月21日発売)

過ぎ去っていった70年代と引きずる現在。不倫人妻の残した娘――。

「高山の夜」(特選小説 11月号所収 9月21日発売)

飛騨の高山祭に旅に出た作家が、魅力的な人妻に出会い、そして……。

「愛人の躾け」(「官能小説【藍】」特選小説増刊号 9月8日発売)

人妻特集で、以前に書いた「愛人の躾け」が掲載されています。

「旅の終わりに」(「特選小説」6月号所収 4月21日発売)

人妻、初恋の旅情ロマン。退職する教師の前に現れたのは……。

「今夜だけ、夫で」(「特選小説」3月号所収 1月21日発売)

旅の宿での、一夜だけの狂おしい情交。「今夜だけは、わたしの夫でいてください」

「あの初恋をもう一度」(「特選小説」12月号所収 10月21日発売)

過去は変えられるのか? 初恋の女を救うために、過去へと遡るのだが……。

「旅は道連れ」(「特選小説増刊【緋】」所収 9月5日発売)

連れ合いとの旅行先での、不倫。再録です。

「天使の声」(「特選小説10月号」所収 8月21日発売)

入院先のナースは、「天使の声」を持っていた。

「嫁の乳房」(「特選小説6月号」所収 4月21日発売)

息子の嫁の母乳に魅了された義父は、やがて……。

「初恋は女教師」(「特選小説」1月号所収 11月21日発売)

昭和エロス特集。70年頃の、少年が小学生の女教師に恋をして、やがて童貞を、という切ない話です。

「城ヶ島の恋」(「特選小説」12月号所収 10月21日発売)

旅情特集。三浦半島の南端にある「城ヶ島」を舞台とした、男と女の再会の物語。

更新履歴

2020年
1月15日 新刊に『いい女ご奉仕旅』、雑誌掲載に「向かいの未亡人」追加
2019年
12月16日 新刊に『上司の熟れ妻たち』、『人妻女教師 誘惑温泉』追加
12月16日 連載に『人妻クルーズ』、雑誌掲載に「引っ越してきた人妻」追加
11月18日 新刊に『とろめく白肌 港町の美女』新装版追加
11月11日 新刊に『湘南の人妻姉妹』追加
10月29日 新刊に『家政婦さん、いらっしゃい』、雑誌掲載に「追憶の銀山温泉」追加
10月8日 新刊に『夜の添乗員』追加
8月28日 新刊に『還暦ボーイズの性春』『とろめき嫁のレッスン』追加
7月8日 新刊に『アイランド熱帯夜』追加
6月25日 新刊に『愛と欲望の深夜バス』、雑誌掲載に「引っ越してきた人妻」追加
5月29日 新刊に『湯煙の向こうの乳房 伊豆混浴ツアー』、『しっぽり濡れ肌 湯屋の美女』追加
5月10日 掲載に『夜も添乗員』、新刊に『向かいの人妻』追加
4月11日 新刊に『この歳でヒモ?』、雑誌掲載に「夜の坐禅会」追加
2月27日 新刊に『鎌倉女体巡り』、『未亡人嫁のしずく』
1月11日 新刊に『旅は道連れ、夜は情け』追加

→これより過去の更新履歴を見る


上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.