霧原一輝/日記

日記

■2017年11月22日(水)  「過ぎ去っていく季節」特選1月号掲載
 ちっとも、風邪が抜けない。IQOSに変えて、喉はだいぶ楽になったんだけど、風邪をひくときはひくんだ、ということがわかった。
 環境管理がなっていないんだと痛感し、TANITAの温度・湿度計を三個買って、仕事部屋と寝室とリビングに置いている。
 
「過ぎ去っていく季節」(50枚)が、21日に出た「特選小説1月号」に掲載されています。テーマが昭和官能なので、思い入れのある70年代頭と現在を書かせてもらった。自分にとっては、印象に残る仕上がりになったかな。
 自分で言うのもへんだけど、読みごたえはあるんじゃないかと思う。

 昨日、ようやく歯の治療(というより大工事)を終えた。一年半かかり、治療費も信じられないほどかかった。
 治療というより、美容整形した感じだけど、やってよかったと思っている。
 これも、とても優秀で、とてもかわいい歯科助手についてもらったおかげですね。彼女がいなかったら、途中で挫折してたな。声と喋り方がとてもいいんだな。
 歯形を取る器具を口に入れるときも「オッキイの入りますよお。はい、ぐっと入ります」って、実際ぐっと入れてくる(笑)。
 いや、冗談でなく、腕もあるし、仮歯なんかあっという間に作っちゃうし、患者の気持ちも御見通しだし、これまでついてくれた歯科助手としてはナンバー1でした。身を委ねられるというか。信頼感かな。女性が男に身を任せるときの気持ちが、よくわかった。やってはいけないこともね。
 残念ながら、彼女は人妻です。
 最近はけっこう優秀な女性に会うな。この前行ったバスツアーの女性添乗員も根性あったし、一生懸命だったし、今も通っている人妻パティシエも美味しいケーキ作ってくれるし。
 いや、こんなことを書いている場合じゃないんだけどね。
 風邪で遅れた分を取り戻さないと。
 
 


■2017年11月19日(日)  『ふたりの未亡人』発売
『ふたりの未亡人』(竹書房文庫)が20日に発売されます。というか、どうやらすでに書店には、17日から並んでいるようです。
 
 ふたりの未亡人 〈新装版〉 (竹書房文庫)
 霧原 一輝
 http://amzn.asia/cH1dWYp

 妖艶美女たちと、ひとつ屋根の下で。

 息子の嫁の若肌と、その叔母の熟れ肌の競演。

 という感じの、回春ハーレムロマン。新装版ですが、丹念に書かれていて、読みごたえはあるのではないしょうか。みなさま、まだの方はぜひ、手に取ってくださいませ。
 ちなみに、霧原の文庫は今年はこれで、打ち止めです。
 よろしくお願いいたします。

 


■2017年11月17日(金)  kindle フェア
 一月初旬刊行の書き下ろしを終えたところ。年末進行で〆切が早くて、フーフー言っています。
 ちょっと無理をしたせいか、てきめんに風邪をひいてしまった。喉が痛い。
 だが、そうも言ってられないのが、つらいところで、また即、これも1月末に出る書き下ろし(いったん中断していた)にかかっている。
 個人業は、病気にかかったからと言って、誰かに託すことができないから。まあ、その分、〆切さえ守れば、どう時間をつかっても自由だから。
 その自由さに憧れて、作家になったようなものですから。

 それから、kindleで、フェアがはじまるようです。

【企画名】アダルトブックフェア:50%オフ以上

【実施期間】2017/11/17(金)〜2017/11/30(木)(14日間)

 霧原一輝対象作品(双葉社)

 セピア色の秘帳
 しかけて誘惑
 愛しのラブホテル
 艶技の時間
 艶色の復活祭
 艶福プロジェクト
 歌麿艶笑奇談
 花園えらび
 鎌倉三姉妹 淫ら花
 祭り囃子
 昼下がりの公園天使
 潮風カイカン物語
 晩花燃え
 蜜楽さがし
 蜜色温泉秘貝比べ
 恋鎖
 色好みな相棒

 双葉社以外の作品も多分、対象になっていると思いますが、連絡がきていないので。双葉社に関しては、この17作品が対象になります。
 お得ではあると思うので、過去の作品を読んでみたいという方はぜひ。

 しかし、こうやってあらためてタイトルみると、漢字が多いなあ(笑)。
 つけてるときは、まったく意識してないんだけどね。

 ああ、ダメだ。これを書いてる間にも、悪寒が走る。
 
 


■2017年11月09日(木)  『ピンクの宅配ガール』発売
 ひたすら書いています。
 10日に『ピンクの宅配ガール』(悦文庫)が発売されます。
 書き下ろしです。
 
 ピンクの宅配ガール (悦文庫)
 霧原 一輝
 http://amzn.asia/3In1YzD

 楽しく、なおかつエッチに読めると、思います。
 久し振りに、女性視点で書いたので、新鮮でした。
 ちなみに表紙をよく見ると、手荷物に「ピンクの子豚便」と記してありますが、じつはこれが「女だけの宅配便」の名前です。普通、こんなネーミングしませんよね。まあ、小説ですから、ご勘弁を。
 


■2017年11月02日(木)  引っ越しはしません
 日本シリーズ、DeNAが逆転勝ちして、まだ試合を見られてうれしい。
 横浜在住でベイスターズのファンでもある、私の担当編集者は今頃、勝利に酔っていることでしょう(あまりお酒は呑めないので、美酒というわけにはいかない)。案外、横浜スタジアムに行ってたりしてね。

 ところで、最近、引っ越しはどうしましたかと訊かれることが多いので、この場を借りて報告です。
 大家さんのご厚意で、あと3年、ここにいられることになりました。
 面倒な引っ越しをしなくてすんで、ほっとしています。
 3年後にはどうするかですね。
 
 年齢のせいか、最近まわりでは「どういう死に方をしたいか?」と話題になったりするのですが、私が「野垂れ死に」と答えると、これが意外に賛同者がいるんだな。この前は、俺もそうだって、握手を求められたりしてね。
 日本中をまわり、各地に滞在して、その土地の小説を書き、終わったら移動して、やがてひっそりと死ぬっていうのが、いちばんかな。
 野垂れ死にって言わないかもね。

 で、今月の刊行予定です。今月はちょっと頑張りました、
○ 11月10日 書き下ろし『ピンクの宅配ガール』(悦文庫)
○ 11月20日 新装版『ふたりの未亡人』(竹書房)
○ 11月21日 「特選小説1月号」に、短編「過ぎ去っていく季節」掲載

 って感じです。あっ、夕刊紙日刊ゲンダイで「女性専科 何でもヤリます」連載中です。
 
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.