霧原一輝/日記

日記

■2007年11月14日(水)  四万温泉ツアー
 11日、12日と、群馬の四万温泉に作家仲間とお世話になっている編集者とともに、息抜きツアーに行ってきました。
 四万ダムの紅葉、きれいだった。
 積善館の女将、エキゾチックな美貌で見とれました。
 知床から流れてきた仲居の熟女、愛嬌ありました。
 佳松亭の貴賓室、ひろくて眺望が良くて、最高でした。
 元禄の湯、大正ロマン風の造りで、風情がありました。

 小生、地元ということもあって、レンタカーの運転係を買って出たのですが、ほんと、運転には慎重さを二乗したくらいに気をつけた。
 というのも、参加メンバーが超弩級クラス。
 睦月影郎氏、藍川京氏、草凪優氏、橘真児氏ときて、双葉の編集者K女史、O氏といった錚々たる面子。
 これで事故ったら、今の官能界はどうなってしまうのだろう?
 そんなプレッシャーに押しつぶされそうになりつつ、帰りは榛名湖から伊香保へとドライブを試み、なんとか無事役目を果たすことができたのでした。

 いやあ、楽しかった。
 睦月氏は話術が巧みで、堂々たる体躯してるのに、烏の行水ですぐにお湯からあがっちゃうし。
 京さんは和服美人なんだけど、どうも方向音痴らしくて、旅館のなかで迷子になっちゃうし。
 草凪氏はほんといい男なんだけど、生来の呑兵衛ぶりをあらわに呑むだけ呑んで、途中で寝ちゃうし。
 橘氏はジェントルマンでドストエフスキーみたいな容貌なのに、かわいい愛妻の写真、持ち歩いてるし。
 やっぱり、一番しっかりしているのはK女史とO氏の編集さんです。

 皆さん、帰れば、また年末進行のハードな仕事が待っているわけで、まさに束の間の息抜き。それでも、こういうリフレッシュの時間があるからこそ、がんばれる。
 小生ものんびり正月を迎えるために、やることやらなくては。
 来年出る双葉文庫と徳間文庫の書き下ろしは一応書き終えたし、なんとかピークは乗り切った。
 あとは双葉のWEB小説を完成させて、「小説NON」と「特選小説」の短編を二本書いて、12月に廣済堂の書き下ろし一本書けば、年内の仕事は終わる。
「がんばるんだ、霧原!」と、ゴール前の直線で鞭を入れているこの頃です。
 と、ここまで書いたら、うちのRyuが尻尾を振りながら、やってきた。
 どうも様子からして、「ゴン太のササミジャーキー」をご所望らしい。
 まだ結婚相手が決まらないから、欲求不満を食欲で解消しようとしているのだ。
「ちっ」と舌打ちして、霧原は階下へとおりていく・・・。


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.