霧原一輝/日記

日記

■2012年02月26日(日)  『とろめく白肌ー港町の美女ー』発売
 一雨ごとに春が近づいてくる。
 この時期の雨は好きだ。雨が降っているほうが暖かいし、しめやかで繊細で独特の春の匂いを含んでいる。
 亀吉も白菜をぱくぱくやってるし、りゅうの冬毛もだいぶ抜けた。春はついそこまで来ている。

『とろめく白肌ー港町の女ー』(竹書房ラブロマン文庫)が明日発売されます。
 旅先での出会いと日本海を見ながらの逃避行……男のロマンを描いたつもり。
「寅さん」を意識して書いたのですが、出来上がりはまったく別のものになった。新境地をご堪能していただければ。

 仕事は「特選小説」連載の第1話を書き終えて、第2話にかかっている。後のスケジュールを考えると、なるべ2話まで書いておきたい。
 ある数奇な運命をたどった男の半生記を、6回、つまり300枚にまとめなければいけないので、そのさじ加減が難しい。
 それに、これというタイトルが思い浮かばない。「或る男のウィタ・セクスアリス」ではつまらないし。うう、どなたかこれというタイトルを!


■2012年02月19日(日)  打ち合わせと鬼六賞
 亀吉が数ヶ月ぶりに冬眠から覚めたようで、水面から顔を出していたので、白菜の葉っぱを一枚。食欲が湧いていたら、パクッとやるでしょう。
 りゅうも冬毛が抜け始めている。
 動物は人より早く春の到来を感じるのでしょう。

 先日は上京して、特選小説さんと、3月から始まる連載の打ち合わせ。今回はこれまでとは違った新しい形のものを書く予定なので、期待とともに不安も大きい。

 その後、今回の団鬼六大賞を受賞したうかみ綾乃さんと合流して、ささやかなお祝いを(情報解禁になったみたいなので、書いています)。
 うかみさんはシンガーソングライターでもあったのだけれど、ライヴに何度か行ったこともあるし、その苦労も知っているから、心からおめでとうと言いたい。
 錚々たる審査員(藍川京さん、高橋源一郎氏、石田衣良氏)に選ばれたのだから本物でしょう。
 受賞をプレッシャーと感じず、こぢんまりとまとまらないで、大きく羽ばたいてほしいですね。

 仕事は特選小説連載の一回目に取り掛かったところ。
 今月は27日に書き下ろし『とろめく白肌ー港町の美女ー』(竹書房)が出ます。


■2012年02月13日(月)  ひと段落
 たった今、〆切がひと段落した。
 昨年から半年くらい、一月に書き下ろし一本のペースで来て、さすがにぐったりした。
 今日は午後から、仕事部屋の整理整頓をしよう。
 デスクの上も、床も参考資料の本で埋め尽くされて、足の踏み場もない。
 アマゾンの本ってダンボールに入れて送られてくるから、書庫の床もダンボールが山積みされている。まずは、こいつを何とかしないと。
 しかし本を整理するためには、書庫の本を減らさなくてはいけない。
 さて、どこを処分するか?
 頭が痛い。

 
 


■2012年02月10日(金)  ようやく
 ようやくF社の書き下ろしを終えた。
 だが、まだT書房のアンソロ50枚が残っている。
 ほんとうは今日が〆切なのだが、いくらなんでも一日で50枚は無理。
 すみません、もう少しお待ちください。
 謝罪、ひたすら謝罪。

 これを終えれば、Tの新連載にかかれる。もう少し……と遅ればせながら自分を叱咤する日々がつづく。


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.