霧原一輝/日記

日記

■2015年12月28日(月)  高い志
28日で日刊ゲンダイ連載の『トラッカー恋唄』が終わりました。ご愛読された方、ありがとうございました。
 方言でエッチなことを言わせることに燃えました。
 来年の秋ごろに発売予定です。

 日曜日は有馬記念を見ながら、年賀状を書いていた。
 いよいよ、今年も終わりだな。
 今年、俺は何をしたのだろう? と、総括をしつつ、来年に向けてモチベーションを高めている。
 長年書いてくると、モチベーションの維持が難しくなる。先日は宴会で、
「書くことによってしか、我々は存在証明できない」
 などと言ってしまったが、これは当たり前のことで。
 それ以上に、自分を奮い立たせる何かが必要になってくる。

 新人の頃は「認められたい」って強い気持ちがある。じゃあ、認められてしまった後は、どうなの?

「高い志」が必要なんだと思う。霧原個人ではなく、業界全体を考えるような。
 来年はもっと暴れますよ!!!

 などといっても、まずは今書いてる、3月刊の書き下ろしだな。難しずぎる。遅々として、筆が進まない。

 年越しまで数日という段階で、真っ赤な大輪を咲かせている、季節外れのハイビスカスをありがたく鑑賞しつつ、じりじりと書いていこう。
 


■2015年12月19日(土)  『黒髪のしずく』発売
 今日、『黒髪のしずく』(コスミック文庫』が発売されました。霧原個人の短編集ですが、様々な欲望が描かれていて、面白いと思います。
 興味のある方は、ぜひ手に取ってくださいませ。
http://www.amazon.co.jp/%E9%BB%92%E9%AB%AA%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%9A%E3%81%8F-%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/477472887X/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1450509142&sr=1-2

 しかし、うちの二階の日向においてあるハイビスカス、蕾が赤くなっているので、そろそろ開花する。
 クリスマス前に、夏の花ですよ。
 おそらくこれが最後の一輪になるだろう。
 この寒いのに懸命に咲くのだから、「花とおじさん」のごとく、いっぱい見てあげようと思う。

 ちなみに、ラジオ体操、まだつづけている。


■2015年12月17日(木)  向かいの豪邸が
19日に『黒髪のしずく』(コスミック出版)が出ます。
 コスミックのアンソロに書いた6本をまとめた霧原個人の短編集です。これで、霧原の今年の文庫の刊行は終わりです。
 短編のお好きな方は、手に取ってくださいませ。
http://www.amazon.co.jp/%E9%BB%92%E9%AB%AA%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%9A%E3%81%8F-%E9%9C%A7%E5%8E%9F-%E4%B8%80%E8%BC%9D/dp/477472887X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1450328937&sr=1-1

 しかし、まいった。もう少ししたら、向かいの豪邸の解体作業がはじまる。先日、業者がタオル持参で挨拶にきた。
 で、わかったのだが、向かいの豪邸の持ち主は映画『黒部の太陽』のモデルになった建築家らしい。以前から、タクシーの運ちゃんに「あそこのご主人は世界中を飛び回ってダムを作ってる方ですよ」とは、聞いていたのだが、まさか、それほどの方だとは。
 何度か、愛犬のシェパードを散歩させているのを見たことがあるが、普通のおっちゃんだった。
 ううむ、あの人が、石原裕次郎の演じた……と思うと、感慨深いものがある。
 しかし、解体となると、騒音がでかいはずだ。朝の8時からなんて、霧原は熟睡中である。しかも、何しろ豪邸なので、2か月近くかかるとのこと。
 ううむ、生活のリズムを変える必要があるだろうな。
 朝型にするしかない。
 


■2015年12月11日(金)  恒例の特選祭り
 年末の恒例行事でもある特選小説の増刊「こんな官能小説が読みたかった!2015年度版」が発売されました。
 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E5%AE%98%E8%83%BD%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F-2016%E5%B9%B4%E7%89%88-2016%E5%B9%B4-01-%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B018R5O50K/ref=zg_bs_46436011_1

 霧原は「モンペの女」が選ばれて、掲載されています。
 今年は「炬燵男」「紫陽花とかたつむり」「城ヶ島の恋」とタイトルをそらでおぼえているくらいの自信作を揃えたので、どれが選ばれるだろうと楽しみにしていたが、炬燵でもなく、かたつむりでもなく、モンペかよ(笑)。
 正直、ちょっと驚いた。何しろ、昭和エロス特集の終戦前の物語ですから。ほんと、特選の読者はお目が高い。読み返してみると、ヒロインが魅力的だな。
 ちなみにイメージはもろに石田えりでございます。
『古民家で戯れて』(竹書房)でも、表紙にモンペ姿の女をリクエストしたのだが、けっこう売れたので、熟年世代には「モンペ」はひとつのアイテムなのだろうな。ブルマかモンペか、どっちなんだろう?

 また、特集では多くの方に、霧原の作品を取り上げていただいた。
 猿楽一氏には『逃亡者は蜜濡れて』を。
 DSK氏には『古民家で戯れて』と『隣りの人妻ー蜜戯のその』を。
 作家のおすすめの一冊では、新藤朝陽氏に『オフィスの女神たち』を。

 取り上げていただき、うれしいです。ありがとう。
 昨年は2冊に偏ってしまったけど、今年は分散している。じつは、昨年の反省もあって、凡作は絶対に書かない、粒を揃える、を目標のひとつにしていたので、この現象はうれしい。
 ちなみに他にもDSK氏激賞の『人妻・奈津子』や、来年続編を刊行予定の『便利屋ももいろ事件簿』など、自信作ですので、まだの方はぜひぜひ手に取ってくださいませ。

 今年は13本だけど、一年中連載があって(時には週刊で3本連載小説があった)、片時も気が休まるときがなく、今度の日曜日でようやく連載が切れる。
 62歳にして、仕事がもっとも忙しいというこの事態を、どうとらえていいのだろうか?
 


■2015年12月06日(日)  レビューに感謝
 新作『人妻・奈津子 他人の指で…』(二見文庫)のAmazonのレビューで、あのDSKさんがレビューを寄せてくださっています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576151843/nejireweb-22/ref=nosim/

「凌辱でも誘惑でもなく心と体が触れ合う魅惑の情交がこってり描かれる。その興奮度の高さも含めて2015年のベストに数えたい大人の官能ドラマを堪能した気分である。」以上抜粋

 などと書いてくださって、ほんと嬉しかった。苦労が報われた感じです。
 このところ疲れが出て、欝々として、仕事がはかどらない状態がつづいていたので、これで、立ち直れそうです。
 ほんと、読者の声って励まされる。頑張らなきゃって気になる。

 DSKさん(もしかして、DaiSukiKannou)、ありがとう!!!

 そして、まだ書店に出ていると思うので、まだの方は手に取っていただけると嬉しいです。

 で、話はまったく違うのですが、先日、睦月影郎氏と編集さんで、今年最後の麻雀をしました。二卓、囲んだ。
 そこで、霧原はなんと役満の「小四喜」をあがりました。
 四喜和は、東西南北の風牌を三枚ずつ集めなくてはいけないので(頭だけは2枚でいい)、なかなかできる役ではありません。
 私もやったのは、大学生のとき以来なので、もう40年ぶりになるのかな。
 なんにしても、40年ぶりというのは、かなりすごいことだ。
 たぶん、今年の運をすべて使ってしまったと思うので、年明けまでは慎重に行動しようと思う。
 

 

 


■2015年12月03日(木)  ラジオ体操
 最近は、NHKで朝やる「テレビ体操」を毎日録画して、それを時間の空いたときに再生しながら、自分でもやっている。
 ちょっとした体操と、ラジオ体操の第一か第二。両方やるときもある。
 これが、なかなかいい。もう、2週間くらいはつづけている。
 きれいなお姉さんは出てるし、お兄さんの指摘も的を射ているし、毎日、微妙にやることが違うので、飽きない。
 はじめてから、姿勢が良くなった気がする。腰痛も緩和した。
 物書きのように座る姿勢が多く、あまり運動しない人には、おすすめです。だまされたと思って、「テレビ体操」やってみてください。

 ちなみに、最近は噂の「チアシード」も摂っている。細かい種が水分を吸収してふくらみ、ゼラチン質がカエルの卵みたい。
 それを毎日、ヨーグルトに入れて、食べる。
 小さいとき、カエルの卵を大量にとってきて、水槽に入れておいたら、一気に孵化して、黒いオタマジャクシが積み重なって、過密状態に。黒いぬるぬるが蠢いていた光景は今も忘れない。

 毎日、決めたことをつづけることが大切。
 今年もあと一か月、やるべきことをきちんきちんとやろうと思う。
 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.