霧原一輝/日記

日記

■2012年01月28日(土)  『七つの熟れた蕾』発売
 アンソロジー『七つの熟れた蕾』(新潮社)が発売されました。
 作者は掲載順に、神崎京介、睦月影郎、草凪優、坂井希久子、霧原一輝、うかみ綾乃、小玉二三。
「特選小説」の増刊号「蒼」に掲載された短編から新潮社さんが選んだもので、そういう事情を知らない霧原は、「蒼」に書くときは、たまには女視点でと思い、女視点だとなぜかすらすら書けるなと調子に乗って、一気に書いてしまった。後で事情を知り、真っ青になったのですが、選ばれてよかった。
「わたしが愛した男」というタイトルの、嫁が義父を誘惑する話です。

 昨日は文芸家クラブの新年会に出てきました。
 盛況でしたね。この会でしか会えない方も多く、充実したひと時でした。

 まだ雪が残っていて、りゅうと散歩をしていても、すべるすべる。
 転びそうになってもリードを放さない限り、りゅうが支えてくれるのですが、りゅうはその度に後ろを振り返って「どうしたの?」という顔。日頃手間のかかるりゅうだけど、この時ばかりは頼もしく思える。

 仕事はひたすら書き下ろし。
 平成24年の一月もそろそろ終わり。時の経つのが早すぎる。


■2012年01月19日(木)  『湯けむり探偵ーひと肌脱がせますー』発売
『湯けむり探偵ーひと肌脱がせます』(廣済堂)が明日頃発売されます。
 探偵所の所長が初恋の女にあることを依頼されて、その故郷で……という内容ですが、エンターテイメントに徹して書いたつもり。女将、人妻、クラブ嬢、ナース、令嬢と出てきますよ。果たして、中年探偵は使命を完遂できるでしょうか?
 一気に読めると思います。
 数日後には「特選小説」3月号も発売。霧原は「娘の部屋」という父と娘の関係がテーマの短編を書いています。

 
 初めてケータイ小説というものを読んだ。こんなに昂奮するとは思わなかった。

『秘め音〜よがりの媚蜜』 うかみ綾乃/作 桜サク/絵
 
 http://www.nttsolmare.com/soc/title.php?title_id=0000047303
 
 バーコードリーダーで読み取れば飛びます。有料だけど一回分が数十円かな。
 文章と絵が上手くマッチしているし、かなりエロイです。
  
 書ける人が書けば、ケータイ小説も捨てたものじゃないと思った。
 一度ダウンロードしてしまえばケータイのファイルにずっと保存できるから、いつでも開ける。左手でケータイを操作し、右手であれを……には極めていいサイズだし、意外と実用的でもある。
 オススメです。かなりマジに言っています。

 仕事は連載80枚を終えて、今度はF社の書き下ろし。
 まだまだ初詣には行けない。もう、初詣とは言わないのかな。


■2012年01月12日(木)  『美女紀行』発売
 アンソロジー『美女紀行』(双葉文庫)が本日発売されました。
 霧原の今年初めての出版物です。日本全国7箇所を舞台にしたご当地官能作品集。バリエーションに富んでいて、楽しいですよ。
 霧原は群馬の伊香保温泉を舞台に、竹久夢二を題材にした『宵待草』を書いています。はい、日記にも書いたように、あの石段を上っていく間にへたりこんだというあれです。
 編集さんの期待に応えようと、また、有望新人も書くと聞いていたので、けっこうマジに書かせていただきました。が、力を入れて書いたからと言って、いい結果に繋がるとは限らないのがこの世界。
 果たしてその結果は? みなさまの目でお確かめください。

 正月のテレビを見ていてこれだと思ったのが、女子高生が鷹匠を務めているもののドキュメント。鷹匠が凛とした女子高生って格好よくないですか? 男はみんなあの鷹になりたいでしょうね。
 あとはやはり「寅さん」。シリーズでやっていたのでかなりの本数を見たのだけれど、あれはじつによくできている。
 寅さんって女の人にもてるんです。でもそれがセックスには繋がらない。そのへんが興味深い。
 あの映画の真髄は「フラレの美学」だと思うから、あれで旅先でやっちゃったら、寅さんでなくなっちゃう。
「座頭市」の男の色気とちょっと違うけど、やはりシリーズ化されたものは観客の気持ちを鷲づかみしている、と思う。


■2012年01月06日(金)  正月も過ぎ……
 正月も過ぎ、世の中の人も労働をはじめる時期。中央競馬も昨日始まった。昨日は愛車を車検に出した。
 
 霧原は一日も休まず、ひたすら書いています。
 
 切りがついたら、せめて初詣くらいとは思うものの、その切りがなかなかつかない。
 こんなことばかり書いても面白くはないので、何か他の事を書こうと思うものの、その他の事がまったく見当たらない。
 だったら日記など書くなと自分に言いたくなる。

 1月は各社の新年会がかなり入っている。それに備えて、書くのを朝型に移行しようとしているのだけれど、なかなか上手くいかない。しかし、それをしないとどう考えても、追いつかない。
 それでも、12月に感じていた疲労感はなくなって、執筆欲は旺盛。それだけでもよしとしなければ。
 すみません、つまらない日記で。
 みなさまのご健闘をお祈りしています。


■2012年01月01日(日)  謹賀新年
 あけまして おめでとうございます
 本年がみなさまにとってもいい年でありますように

「一作入魂」の姿勢を貫いてきましたが、今年もそれは変わりません。読者に失望だけはさせたくないのです。
 あとは、書く量に関してはおのずと限界があるので、質的な向上ですかね。
「回春エロス」が定着してきたことは喜ばしいことですし、霧原がその牽引役であると評されるのもうれしいことです。
 ただ、同じことを同じテンションで書いていては飽きられると思うし、どうやって進化(深化)させていくかですね。
 今年は多少冒険もしたいと思っています。そうしないと、息ができなくなるのです。
 それには、みなさまの力が必要です。最近思うのは、個人の力には限界があるということです。もっと刺激を、もっとアイデアをくださいませ。
 
 というわけで、今年は1月から攻勢に出ますよ。
 新版元からの書き下ろし長編、アンソロ2本、月刊誌の読みきり短編の4本が出ます。
 
 本年もよろしくお願いします。霧原一輝をかわいがってください。

 


過去の記事 2007年08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 

一覧 / 検索

上へ戻る
Copyright(C) Kirihara Kazuki Office 2007. All rights reserved.